ニュース
» 2016年08月30日 22時26分 公開

日焼けで書いた文字はそうそう消えない―― テレビ企画で無茶をしたお笑い芸人が身をもって証明、注意を呼びかけ

9年経ってもうっすら残る「ハラミ」の3文字。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ときおり漫画やドラマでは、身体にシールなどを貼って日光浴をし、日焼け跡で文字や絵を表現する遊びが登場します。これについて、お笑い芸人のきくりんさん(@kikurinprime)がTwitterで、日焼け跡はなかなか消えないと警鐘を鳴らしています。

 ツイートの添付画像には「ハラミ」「リブロース」など、食肉の部位を表現した日焼け跡を披露するきくりんさんの姿が。これはテレビ番組の企画で焼いたネタだそうです。写真に添えられた文章では、この文字が消えるのは遅く、まだうっすらと残っていることが明かされています。3年ほど銭湯やプールなど、公共の場で肌をさらせなかった体験が語られています。


腹背中肩 日焼けした当時の写真

 「若気の至りでは済まないから、夏はハシャいじゃダメだぜ!」と注意を呼びかけるきくりんさんに、編集部は事の経緯をうかがいました。まず、「日焼け企画」が催された番組は、2007年にテレビ朝日で放送された「虎の門」最終回。オードリーの春日俊彰さんや、髭男爵の山田ルイ53世さんも出演していたそうです。

 日焼けは同局が用意した日焼けサロンにて、2日間かけて実行。サンオイルなどは使わず、文字型のシールを貼って1日2〜3時間ずつ焼いたそうです。

 日焼けサロンの料金は局持ちでしたが、焼き直す分までのお金はもらえず、結局日焼け跡は何年も残ることに。きくりんさんに現在の写真を提供いただいたところ、確かに胸の下にうっすらと「ハラミ」の文字が。9年経っても完全には消えないのか……。


現在 現在のきくりんさん。目を凝らすと、うっすらと白い線が見える

加工 編集部で画像のコントラストを調整したもの。線がよりわかりやすくなった

補助線 さらに補助線を引いたもの。おわかりいただけただろうか

 最後に「どうしても出演したくてムチャしちゃいました。ほかの方に比べて強く焼きすぎたようです」と語り、“日焼け文字”の危険性を、身をもって証明したきくりんさん。安易に文字を焼き残すと、世間体的な意味でもヤケドすることになってしまうのですね。下品な言葉とか、恋人の名前とか……。

画像提供:きくりんさん(@kikurinprime


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む