ニュース
» 2016年08月31日 10時30分 公開

死んだらこの女性に送りだしてほしい「供養女子コンテスト」とは “終活”しに行ってきました

供養のプロたちの真面目なコンテストです。

[平原健士/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 僧侶、墓石屋、葬儀社、納棺士など、供養業界で活躍している女性をもっと知ってもらいたい。そんな思いから、エンディング業界展内において「供養女子コンテスト2016」が8月23日、東京ビッグサイトで開催されました。自分が旅立つ時に安心して任せられる「供養女子」を求めて行ってきました。

 まずは、コンテストが始まる前に、供養業界のありとあらゆる業種のブースを見て回ります。


画像 葬祭花を扱う会社も複数出展。軽いお葬式気分に


画像 通夜には欠かせないこんな“商品”も


画像 出棺に使う“霊きゅう車”も展示。ピカピカの高級車でした


画像 墓石業者も複数出展。種類がさまざまで迷ってしまいます……


画像 納棺士によるデモンストレーション。私も死んだ時にはこんな風に……

 いろいろなブースを見ているうちに、自分の死を身近に感じはじめ、イベントステージに到着した時には、すっかり“終活”の気分に。コンテスト参加者を見る目も、厳しくなります。


画像 最終選考に残ったのは全国から厳選された6人

 出場者に年齢制限はなく、供養業界での日々の仕事内容、なぜこの業界で働くのかなどを審査員である観覧者に向かって話した内容が審査対象となります。私の審査基準は、自分の最期を任せられるパートナーにふさわしいかどうか。見た目の美しさは関係ありません!


画像 山形で働く納棺士の高橋小百合さん

 まずは、山形で働く納棺士の高橋小百合さん。高橋さんは、2015年の「納棺士コンテスト2015」の優勝者。技術的な安心感であっさりと心を動かされてしまいました。


画像 大阪で墓石営業をしている望田彩香さん

 続いて、大阪で墓石営業をしている望田彩香さん。望田さんの魅力はその明るさ。温かい人柄と可愛らしさで、思わずお墓を買ってしまいそう。「お墓は照り返しが強いから、紫外線対策が大変!」と女子ならではのお悩みも。


画像 海洋散骨を手掛ける会社で働く越智萌子さん

 次は、海洋散骨を手掛ける会社で働く越智萌子さん。海が大好きな越智さんにとって「海へ還る」のはとても魅力的なことと語ります。私の遺灰を越智さんにまいてほしい。


画像 宮城県で葬祭業に従事する遠藤清子さん

 宮城県で葬祭業に従事する遠藤清子さんが働く葬儀社はなんと創業200年。老舗だからことの安心感は何にも代えがたいものです。


画像 エンディングドレスメーカー代表の中野雅子さん

 エンディングドレスメーカー代表の中野雅子さん。その魅力は大人の包容力とおしゃれさ。どんなわがままにも応えてくれそう!


画像 東京で葬儀の花屋として働く山崎珠里さん

 最期は、東京で葬儀向けの花屋として働く山崎珠里さん。山崎さんは入社してまだ4カ月。可愛らしい外見ですが、生花の配達では1トントラックを運転。葬儀社の人にジュースを買ってもらえるのがうれしいそうです。

 こうして、1時間半に及ぶ最終選考が終了。観覧者が投票用紙に1人を記入します。誰にするか迷いに迷って、筆者も気に入った人に投票。結果は……「納棺士コンテスト2015」でも優勝した、高橋小百合さんが勝利をおさめました!


画像 優勝は高橋小百合さんでした!


画像 最期の瞬間、彼女に送り出してほしいと思いました

 葬祭業の暗く重いイメージを払拭(ふっしょく)したいと考える供養女子の皆さん。職種は違っても皆さん故人と遺族のために頑張っていらっしゃいました。正直とても1人には決めきれず、ぜひとも全員に送り出してほしいものです。

(平原健士 /LOCOMO&COMO)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」