ニュース
» 2016年09月05日 17時55分 公開

ゴルスタ個人情報流出問題 運営会社スプリックスでは数年前から「みせしめ」存在 関係者に聞いた

「ゴルスタの運営で問題になっていることは、社内でやっていることを一般ユーザーに向けてやってしまっただけ」

[ねとらぼ]

 Twitterにユーザーの個人情報を故意に書き込んだことがきっかけで、サービス終了が決定した中高生向けSNSアプリ「ゴルスタ」(関連記事)ですが、運営元であるスプリックスの社内では、以前から「不祥事を起こした元従業員の名前をみせしめに晒(さら)す」行為があったことが分かりました。


スプリックス社風 「ゴルスタのサービス終了につきまして」(スプリックスのサイトより

 なぜゴルスタは「ユーザーの個人情報をTwitterで晒す」という暴挙に走ってしまったのか。本当にそれは担当者個人による「ヒートアップ」だけが原因だったのか。編集部では複数の情報提供を受けたうえで、元スプリックス社員で、スプリックスのメイン事業である、個別指導型学習塾「森塾」で働いていたというAさん(仮名)に取材しました。

 以下の内容は基本的にAさんから提供いただいた情報をもとにしていますが、その真偽については他の複数の情報提供者にも確認をとっています。




不祥事を起こした社員の名前をプリントで公表

 Aさんによると、スプリックスの監視や言論統制は今に始まったものではなく、Aさんが勤務していた数年前から、年3回(新学期)の定例会議のたびに「ネットに自社の書き込みをすると、特定して弁護士から訴状が自宅に届きます」という、かなり厳しい注意があったそう。さらに会議で配られるプリントには、実際に過去、インターネットに自社のことを書き込み、解雇された元従業員の氏名と所属校が書かれていました。一連の騒動について、社員による情報などがほとんど出てきていないのはそのためだと言います。

 別の情報提供者から、最近配られたというプリントを見せてもらうと、確かに「以下の行為が行われた場合、法的手段に訴えます」といった文言のほか、「インターネット上に森塾の書き込みをした」という理由で1人、「生徒とメールやFacebookのやりとりをした、あるいは生徒とつきあっていた」という理由で2人、合計3人の名前が記載されているのが確認できました。3人とも、処分は懲戒解雇となっていました。


スプリックス社風 傍線部が元従業員の氏名が晒されている部分(画像は読者提供、モザイクと傍線は編集部によるもの)

 もちろん、生徒の個人情報などを扱う「学習塾」という業態上、情報を外に漏らさないよう徹底するのは当然です。しかし違反した元従業員の名前を定例会議で晒すというのは、注意喚起としてはあまりにも厳しく、それこそみせしめや制裁のような意図を感じます。ゴルスタ運営が今回、ユーザーの個人情報を晒して問題になりましたが、「こうした対応が常態化していたのも下地にあったのでは」とAさんは語ります。


スプリックス社風 問題となっていた、ゴルスタ公式Twitterによる「晒し」ツイート(画像は読者提供、モザイク加工は編集部によるもの)


徹底した監視と言論統制

 また、従業員の言論統制もかなり徹底していました。例えば職場の愚痴などネガティブな発言が耳に入ると、「なぜそんなネガティブなことを言うのか」と追及され、昇給に響くこともあったそう。これはTwitterなどネット上での発言も同様で、場合によっては呼び出されて罵倒されることもあったとAさんは証言しています。

 実際、森塾でアルバイトをしているという人にも確認すると、「確かに、飲み会でも社員の愚痴は聞いたことがありません」とのこと。アルバイトについてはそこまで厳しい監視はないそうですが、前述のような「ネットに自社の書き込みをすると、特定されて弁護士から訴状が自宅に届く」といった警告もあり、「塾の名前を出しておおっぴらにネットで批判するようなことは、あの警告を見たら普通できません」「他の先生をTwitterで見つけても、どこで社員にネットでの発言が漏れるか分からないので、お互いにフォローはしませんし、させません」とのことでした。

 ゴルスタをめぐっては「少しでも運営を批判するとBAN(アカウント停止)される」「Twitterやツイキャスなど、アプリ外での運営批判まで監視している」「BANからの復帰を望むユーザーに反省文を提出させる」など、厳しすぎる監視や言論統制も問題視されていましたが、このあたりもスプリックスの社内風土が影響していた可能性はありそうです。実際、Aさんも社内での罵倒や追求を何度か目にしており、ゴルスタの「反省文で屈服させる」というやり方を聞いた時も、さほど違和感は覚えなかったそうです。


スプリックス社風 BANからの復帰を望むユーザーに反省文を書かせていたことも問題に(ゴルスタ公式Twitterより)


担当者が変わっても、スプリックスの風土は変わらない

 ユーザーを厳しく監視し、言論統制を敷き、ルールを破った場合は訴訟やBANをちらつかせ、さらには制裁として個人情報を晒す――。「ゴルスタの運営で問題になっていることは、社内でやっていることを一般ユーザーに向けてやってしまっただけ」とAさんは分析します。

 今回スプリックスは一連の出来事を重く受け止め、ゴルスタのサービス終了を発表。しかしAさんは、多分に私見を含むとしつつも、スプリックスとゴルスタについて次のように語っています。

「ゴルスタのサービスや担当者が変わっても、スプリックスや森塾自体の風土が変わらないかぎり、今後も第2第3のゴルスタが現れるのでは」(Aさん)


スプリックス社風 「ゴルスタ」公式サイト(現在はサービス終了にともない消滅)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する