ニュース
» 2016年09月05日 16時22分 公開

ヒツジ「うわあああああああああ」 カザフ人がヒツジを川へ投げる姿にTwitter民驚愕、理由は“洗うため”

ヒツジ「どうしてこんなことに」。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 モンゴルのバヤンウルギー県アルタイ郡にて撮影されたカザフ人の“ヒツジの洗い方”が、あまりに衝撃的だとして拡散されています。ヒツジの毛を刈る事前準備としてヒツジを丸洗いするもので、その方法を紹介しているのは、主にモンゴル・カザフを対象とした遊牧文化紹介・装飾文化研究をしている廣田千恵子(@Chieko_SHAGAA)さん。

 川辺に集められた子ヒツジをどうやって洗うのかと見ていたところ、子ヒツジを抱きかかえたカザフ人が川へ向かっていき、ポイッとヒツジを投げています。ちょっと衝撃的ですが、これがカザフ人のヒツジの洗い方。ぽーんと投げられ、宙に浮いてるヒツジかわいい……。

ぶん投げられるひつじ え!?

ぶん投げられるひつじ ええええええ……!?

 作業を初めて1時間半ほどで、およそ150頭全ての丸洗い(ぶん投げ)が終わったそうです。100頭も洗うには、きっとこれが、ヒツジを知り尽くす牧畜民たちが編み出した、効率良く、最適な方法なのでしょう。

ぶん投げられるひつじ びっくりした……

 一見すると乱暴な方法にも思えますが、ヒツジの体のことを理解した上でケガしないよう投げていて、素人には決して手出しさせないそうです。その後、3時間ほどたって毛の乾いたヒツジたちを1頭あたりわずか5分ほどで毛を刈っていくのも、ヒツジを知り尽くす彼等ならでは。

 廣田さんは「“ヒツジがかわいい”“かわいそう”というだけではなく、何百頭という家畜を抱えながら限られた水資源の中でいかに毛を洗い、刈り、生活の中で生かすかという、自然と向き合いながら生きる牧畜民のリアルな現実を写真から感じていただければ」とつづっています。

画像提供:廣田千恵子(@Chieko_SHAGAA)さん

関連キーワード

文化 | かわいい | 家畜


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」