ニュース
» 2016年09月08日 17時40分 公開

「食べログ」炎上の原因は不透明なシステム? 運営元カカクコム、飲食店オーナー双方の意見を聞いてみた

カカクコムは恣意的なスコアの操作を全面的に否定しています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 バー&レストラン「ウルトラチョップ」のオーナー・高岳史典さんが、グルメ口コミサービス「食べログ」が理不尽な対応を行ったとSNS上に書き込んだ問題(関連記事)。この件について運営元であるカカクコム、高岳さん双方に取材しました。


画像画像 「ウルトラチョップ」「食べログ」双方の声を伺いました

 今回、問題になったのは、「ウルトラチョップ」全店のスコアが突然3.0になっていたこと、「食べログ」のネット予約機能を利用しないと検索順位が不利になると、同店に担当営業から説明があったことの2点。

 まずは高丘さんに伺った内容から。スコアの変動に気づいたのは9月6日。スコアがレビューの単純平均ではなく、アルゴリズムによって算出されていることは知っていたものの、その仕組みが分からず、以前から不透明性を感じていたといいます。また、ちょうど契約更新を行う直前の時期で、担当営業からは「同サービスのネット予約機能を使わないと、検索の順位が落ちる」というような話が。「『食べログ』の機能に乗り換えてくれ」と要求されている印象を受けたそうです。

 同日、これらの件をSNS上に書き込んだところ、情報がネット上で拡散。翌7日にカカクコムから謝罪の連絡があり、同社は「書き込みの内容は誤解だ」と釈明しました。同氏は一定の理解を示しつつも、「アルゴリズムなどの仕組みが分かりにくく、そもそも理解すらできていないのに、"誤解"と言われても」と違和感を覚えているよう。結局、契約更新は行いませんでした。

 高丘さんは取材の際、「『食べログ』は飲食店に対して影響力が大きい。飲食店はそれを信頼しているからこそお金を払う。それなのに、飲食店のオーナーに対して不透明なシステムのままでいいのか」「このような状況に陥っているのは、どこも一緒だろう」と、飲食店が感じている戸惑いについて指摘。実際、ねとらぼには別の飲食店のオーナーから、「ウルトラチョップ」と同じ日に突然スコアが下落したが、その理由が分からない、と連絡がありました。


画像 スコアを算出するアルゴリズムは「食べログ」に掲載されていますが、大まかな内容のみ

 カカクコムに取材したところ、「ウルトラチョップ」に対して恣意的にスコア・検索順位などを操作したか、担当営業からそのような示唆をしたかという点については、全面的に否定しました。

 「食べログ」のネット予約機能を利用すると、同サービスの検索画面の広告枠に優先的に表示される機能が10月から導入されるのですが、「ネット予約を使わないと、点数・ランキングの順位が落ちるかのように誤解されている方が多い」とのこと。高丘さんによれば、説明の曖昧さやタイミングの悪さから意味を取り違えていたものの、担当営業から説明があったのは、この新機能のことだったそう。

 スコアのアルゴリズムには、恣意的なランキングの操作を防ぐなどの目的があり、日々、見直しを実施。「ウルトラチョップ」の点数が変動した6日にも変更が行われていました。このようにアルゴリズムが修正されると新しいレビュー投稿の有無にかかわらず、登録されている全店舗でスコアが上下する可能性があります。

 不透明性を感じている飲食店オーナーに対して、アルゴリズムの内容を説明する機会は設けないのかという質問に対しては「『点数』の算出に工夫をすることで、妥当なランキングがなされる点を評価いただいておりますので、アルゴリズムの詳細については非公開とさせていただいております」としています。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」