ニュース
» 2016年09月08日 20時50分 公開

日刊SPA!「最強のヤレる酒は日本酒」で炎上 番組で取り上げたTOKYO MXも批判の的に

日本酒への風評被害含めて非難轟々(ごうごう)です。

[藍乃ゆめ,ITmedia]

 日刊SPA!が9月4日に掲載した「女性の“お持ち帰り率”がアップするお酒は? テキーラがNGなワケ」という記事が「準強姦罪を推奨・幇助しているのでは」と問題になっています。また、この記事をニュースとして紹介したTOKYO MXにも批判が集まりました。


問題になっている記事 問題になっている記事(「日刊SPA!」公式サイトより)

TOKYO MX「バラいろダンディ」公式サイトより ニュースコーナー中のランキングの中で紹介(TOKYO MX「バラいろダンディ」公式サイトより)

 問題の記事では「本当にデートでヤれる酒」というテーマで、30代の“ヤリ手”サラリーマン17人に取材。テキーラは強すぎて自分へのダメージが大きい、ワインはどれくらい飲んでいるかを女性に把握されてしまう――などの視点から、どんな酒が“お持ち帰り”しやすいかを紹介していました。結局、最終的にはおちょこで気軽に注げて、アルコール度数も高い日本酒がもっとも“ヤれる酒”であるとの結論に。

 しかし「お持ち帰り」「ヤれる」など直接的な書き方は避けているものの、実質的には「どんな酒なら女性を泥酔状態にさせ、性的行為に持ち込みやすいか」が記事の主眼であり、ネット上では「お持ち帰りじゃねぇよ、強姦だろ」「強姦マニュアル」などと批判を浴びる形に(睡眠・酩酊状態にある女性を姦淫した場合「準強姦罪」に問われることも)。加えて、9月5日にはTOKYO MX「バラいろダンディ」でも話題のニュースとしてこの記事を取り上げたため、「こんなレイプの推奨がテレビで流れてんのか」「紹介したテレビも共犯」など物議をかもしていました。また日本酒のイメージが損なわれるとして、一部では日本酒への風評被害を懸念する声も。








日本酒を勧める文面 日本酒を勧める文面(「日刊SPA!」公式サイトより)

 この炎上に対し、編集部ではどういった意図で記事を掲載・紹介したのか、「日刊SPA!」と「バラいろダンディ」に取材を申し入れていますが、日刊SPA!からは9月8日19時時点で回答はなし。TOKYO MX広報からは「状況把握をしてから回答します」とのことでしたが、同じく9月8日19時時点で回答は得られていません。


藍乃ゆめ


関連キーワード

日本酒 | TOKYO MX | 性暴力 | 批判 | テレビ | 非難


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  7. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  8. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響