ニュース
» 2016年09月10日 20時49分 公開

アニメ「BLOOD+」の続編小説が2017年に発表へ 過去篇朗読劇も上演予定 

9月10日に開催された放送終了10周年記念イベントでの電撃発表です!

[Kikka,ねとらぼ]

 2005年に放送されたテレビアニメ「BLOOD+」の続編となる小説「BLOOD#(仮)」と、朗読劇「BLOOD+ 1945(仮)」の両企画が進行中であることが分かりました。9月10日に開催された放送終了10周年記念ファンミーティングの中で、監督・シリーズ構成を務めたProduction I.Gの藤咲淳一さんが発表しました。 


BLOOD+ この二人はもしや、奏と響……?(藤咲監督のTwitterより)

 2005年10月8日から2006年9月23日まで土曜6時枠(通称:土6枠)で放送された「BLOOD+」は、過酷な運命を背負った主人公・音無小夜(おとなしさや)が歴史の闇に潜む異形の生物「翼手(よくしゅ)」を追って沖縄、ベトナム、ロシア、フランス、イギリス、アメリカと世界各地を巡るストーリー。“戦争”をストーリーの主軸にしていることや、作中にちりばめられた謎、キャラクターたちの心理描写などが話題を呼び、今なお根強い人気を誇っています。


BLOOD+ 海外でも人気の「BLOOD+」(Production I.G 作品紹介より)

 「BLOOD+ 10周年ファンミーティング」で告知となった続編小説「BLOOD#(仮)」は、2017年2月ごろ発表予定。2016年1月1日には藤咲監督が自身のTwitterで「なんとかなんらかの形にしたいと思ってます」と刀を持った二人の少女が手をつなぐイラストを投稿しており、「奏と響(ディーヴァの双子の娘)?」「+と+を重ね合わせて#か」などさまざまな考察がされていました。


BLOOD+BLOOD+ 箸井地図さんの10周年記念メッセージイラスト(左)と藤咲監督作のウェルカムイラスト(右)

 ストーリーの舞台は本編終了後の未来。ディーヴァが遺した“新世代の女王たち”が本編に登場するキャラクターに関連する新キャラクターらと新たな物語を紡ぎます。


BLOOD+BLOOD+ 石井明治さんの10周年記念メッセージイラスト

 また朗読劇「BLOOD+ 1945(仮)」は2017年2月、天王州 銀河劇場で上演予定。脚本には藤咲監督が参加予定で、「1945」というタイトルが付けられていることから多くのファンが熱望していた「ドイツ篇」に関連する話が展開するとみられます。


BLOOD+ ヤマザキコレさんの10周年記念メッセージイラスト

 なお、「BLOOD+ 10周年ファンミーティング」の詳細については別途お伝えいたします。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」