ニュース
» 2016年09月13日 11時10分 公開

JR名古屋駅構内での「うなぎパイ」販売再開決定 おかえり夜のお菓子

浜松に停車しない「のぞみ」利用者は特にうれしい。

[ねとらぼ]

 春華堂は静岡・浜松の銘菓「うなぎパイ」の販売を中止していたJR名古屋駅のキヨスクにおいて、9月16日より再開すると発表した。

うなぎパイ 名古屋駅でうなぎパイ復活

 うなぎパイは名古屋駅構内のキヨスク24店舗において、販売店ごとの売り上げや愛知の名産品との兼ね合いなどを理由に1月ごろから取り扱いを縮小。4月以降は地下街「エスカ」にある1店舗のみでの販売となっていた。8月末にTwitterを中心に、名古屋駅キヨスクからうなぎパイが消えて困っているという声が拡散され話題になった。

 特に浜松駅に停車しない「のぞみ」の利用者から需要があったようで、ネットでの反響や報道を受けて名古屋駅での販売再開を模索していた(関連記事)。

 販売再開売店は改札口や新幹線のホームのキヨスクなど計16店舗。エスカの継続店舗と合わせて17店舗での販売となる。

うなぎパイ 東海キヨスクのサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声