ニュース
» 2016年09月14日 14時10分 公開

どんなぬいぐるみもおしゃべり仕様に スマホ連動のボタン型スピーカーが育児にホビーに楽しめそう

フィギュアと合わせて遊んだっていいんだぜ?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 かわいい声でしゃべるボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」が、博報堂より発表されました。装着することで、あらゆるぬいぐるみをトーキング仕様にできるので、いろいろ遊べそうです。クラウドファンディングサイトMakuakeで先行予約の受付を開始しています。

子どもの反応がかわいらしくてなごむPV

スマホ連動 好きなぬいぐるみに付けて使用。スマートフォンで操作して自由にしゃべらせられる

本体 製品はスピーカー単体。裏面の穴を通し、縫い付けたりヒモでひっかけたりしてぬいぐるみに装着する

 専用のスマートフォンアプリと連動し、アプリで指定した言葉を発声。あいさつなど、あらかじめ用意された200以上のせりふを選べます。内蔵マイクで人の声を拾い、自動であいづちやオウム返しをする機能も搭載。10〜20種の歌や物語も収録されており、ぬいぐるみが子どもの友だちや、読み聞かせの先生になってくれそうです。


仲良し ぬいぐるみが子どもの友だちに、先生に

アプリ アプリの操作画面。数文字入力すると、せりふの候補を提示する機能も

 おしゃべりの自由度は高く、入力した文字や吹き込んだ声を、合成音声に変換して読み上げさせられます。お気に入りのフィギュアや模型と組み合わせて、好きなせりふをしゃべらせるのも面白いかもしれません。


寸法 サイズは直径45ミリ・厚み21ミリ。小さめのフィギュアや模型なら、台座に使えるかも

 執筆時点での先行販売価格は3990円からで、一般販売予定価格は4990円(税込)。量産は既に確定しており、支援者への発送は12月中を予定しています。


クラウドファンディング Makuakeでのクラウドファンディング。開始から数時間で目標を達成


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」