ニュース
» 2016年09月14日 18時05分 公開

歌手・中西圭三さんによるジャパネット風動画が驚異のジャパネット愛 作成したいきさつを本人に聞いてみました

高田前社長っぽくしゃべる圭三さん。※修正あり

[三本樹聖,ねとらぼ]

 「Choo Choo TRAIN」やブラックビスケッツの「タイミング」の作曲でも知られる シンガーソングライター・中西圭三さんが、通販番組の「ジャパネットたかた」テイストで自身のアルバムをPRする動画「ジャパネット圭三」がYouTubeに投稿されています。

「ジャパネット圭三」とは

 中西圭三25周年記念オールタイム・ベスト・アルバム「All Time Best〜KEIZO's 25th Anniversary」のPR動画で、Warner Music Japanの公式チャンネルが公開しているもの。本日ご紹介する商品はこちら! と高田前社長風の口調でアルバムの内容を紹介しています。

 2016年でデビュー25周年を迎える中西さん。ジャパネットたかたとの企画が実現した経緯や、 シンガーソングライターとしてのこれまでの活動について中西圭三さん本人から話を聞いてみました。

ジャパネット圭三 高田前社長っぽい立ち位置の中西さん

━━どうして、ジャパネットのCMスタイルをすることになったのですか?

中西圭三(以下、中西): ジャパネットさんの30周年記念コンサートをハウステンボスで行うので、指揮者の西本智実さんと一緒に出演してもらえないですかとお誘いを受けました。「だったらせっかくのタイミングだしお祝いの曲を書きましょうか」ということでジャパネットさんの30周年記念曲を制作したのがきっかけです。

 それで、プロモートのビデオを作らせてもらえないかとスタッフと盛り上がり、ジャパネットさんの全面協力のもと、六本木のスタジオで撮らせてもらいました。

━━「ジャパネットらしさ」などこだわったポイントは?

中西:  僕の書いた「まんまるスマイル」という、日常的に良いことがひろがっていけば日常が豊かで幸せいっぱいになって、世界中のひととつながりで笑顔あふれる世界になるんじゃないか、という思いで書いた曲があるんですが、身近な人との関係もジャパネットさんの30周年の想い「小さなグッドが伝われば世界もちょっと変わるかも。」というコンセプトにも近いと感じたので、その想いを込めて作りました。

━━同CMへのジャパネット社員からの反応はどうでした?

中西:  収録、仕上がり共に喜んでもらえたように思います。楽しく撮らせてもらい良い思い出になりました。

━━ジャパネットさん30周年の曲「Goods for you」はどういう曲なのでしょう

中西:  パーティーで西本智実さんという世界的な指揮者のイルミナートというオーケストラの皆さんと一緒にお届けできるということだったので、クラシカルな曲調でコーニッシュくんにアレンジをお願いし壮大なバラード曲に仕上がりました。タイトルはジャパネットさんにお願いして決めてもらいました。“Goods for you.”というジャパネットさんの30周年の正にそのタイトルの楽曲に仕上がり、パーティーでもみなさま大変喜んでいただけたように思います。

━━25周年を迎え、今の心境は?

中西:  ここへ来るまで良いことも大変なこともいろいろありました。震災チャリティーで行ったぼよよん共和国projectの際に伝えたメッセージそのままに、「いつか花になる」という思いです。

 今回は、ずいぶん前に作っていて収録できずにいた北海道にあるアルテピッツァ美唄という施設に魅せられて作った「美しい唄」も収録できました。このように、いつか良い形で期が熟せば花になることもできるので直向きに頑張りたいと思います。

━━これまでで一番反響のあった思い出の曲は?

中西: 最初のZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」でしょうか。社会現象といわれるところまで大きくなったあの曲を作曲したことから僕自身のヒット曲「Woman」につながり、そしてそののちへとつながっていったので、やはり大きなターニングポイントの曲かなと思います。

━━今後の展望は

中西:  ジャンル・世代・国境を理屈でなく軽々超えていけるのが『ポップ』であるということ。「いいね!グッド!」と言ってもらえる曲をこれからも書き続けていきたいです。

 動画の中で紹介しているオールタイムベストは、レーベルの垣根を超えてできたアルバム。中西圭三さんは「現在、過去、未来までも感じてもらえる作品」と自信を持っており、ヒット曲「Woman」「Ticket To Paradise」などのシングル曲や、「Choo Choo TRAIN」「ぼよよん行進曲」といったセルフカバーも含めた30曲が収録。

 動画でも告知された品川プリンス・ステラボールで行われる25周年記念ライブは、中西さんのバースデー前日にあたる11月10日開催。今回行っている25周年記念ライブ最大ものものなので体感しにきてほしいと言います。52歳を目前にしながら、今なお精力的に活動を続ける中西さん。今後の活動にも注目です。

ジャパネット圭三 ご協力ありがとうございました(画像:中西圭三オフィシャルサイトより

中西圭三25周年記念オールタイム・ベスト予告編映像(2016/9/7発売)

※9月16日追記:文面を一部修正しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン