ニュース
» 2016年09月14日 19時17分 公開

埼玉県熊谷市、キャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」を今年からやめていた 市民から疑問の声受けて

日本有数の暑い街・熊谷……行政として「あついぞ!」推しは今後やらないそうです。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 夏場の暑さで知られる埼玉県熊谷市が、2005年から使っていたキャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」を今年度からやめていたことを明らかにしました。同市役所企画課によると、「あまりに暑さを掲げると居住や観光にマイナスのイメージを与えるのでは」という意見が市民からあがっていたからとのこと。

あついぞ!熊谷 熊谷市公式サイトに残っている「あついぞ!熊谷」事業ページ

 熊谷市は2007年8月に当時の国内観測史上最高気温40.9度を記録するなど、国内有数の暑い街として有名です。2005年から夏の暑さを“市民の熱さ”に結びつけて地域の活性化を狙おうと「あついぞ!熊谷」事業を展開。太陽が汗をかいているシンボルキャラ「あつべえ」を制作してTシャツを販売したり、考案したキャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」を市民団体が開くイベントに冠してもらったりしていました。

あついぞ!熊谷 あつさ推しで生まれたキャラ・あつべえ

あついぞ!熊谷 Tシャツも販売していた

 しかし数年前から「あつさ」を推すことに市民から疑問の声があがっていたことを受け、行政において昨年度からキャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」の使用を縮小。今年度はまったく使わないことにしています。代わりに3年ほど前から暑さ対策事業に注力することに。環境省や民間団体による熱中症予防の推進運動「熱中症声かけプロジェクト」では、上位7団体に授与される「トップランナー賞」を3年連続受賞しています。

 市内「八木橋百貨店」では毎夏、キャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」を掲げた巨大温度計を店舗入口に出すことが風物詩となっており、今年の夏も設置されていました。市によると市民がキャッチフレーズを使う分には自由とのこと。今のところ熊谷市から「あついぞ!熊谷」の文字が完全に消えたわけではなさそうです。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10