ニュース
» 2016年09月15日 21時00分 公開

「超クソゲー」が「VR」と銘打ち大復活 「たけ挑」「THE 落武者」の開発者インタビューも!

扱うゲームが「Vary Rare」なので「VR」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 迷作や怪作の数々を扱うゲームレビュー本「超クソゲー」シリーズの最新版、「超クソゲーVR」が太田出版から発売されました。価格は1100円(税別)。早くもVRゲームを取り扱っているわけではなく、「VR」は「Vary Rare」や「ベクトルが理解を超えている」などの略だそうです。


表紙 表紙にはSIMPLEシリーズの「THE 落武者」をフィーチャー

 過去シリーズの記事を厳選して再録しつつ、80ページ超の新企画を収録したオールカラー版。キャラの大きさをアピールするあまりゲーム性が犠牲になった「THE功夫」や、実写キャラがアニメ絵の敵に挑む「ツインゴッデス」など、奇妙なゲームを軽快なツッコミを交えつつ紹介しています。


功夫 PCエンジンの初期タイトル「THE功夫」。デカキャラを動かすことにこだわった結果、中ボスが使い回しの応酬に

 単に完成度の低いゲームをこきおろすだけではなく、排泄物やトイレ用品と戦う「トイレキッズ」など、設定こそ異常ながらていねいに作られた作品も多数紹介。堀井雄二さんが手掛けた「軽井沢誘拐案内」も取り上げ、「ドラクエ」の源流といえる部分を見出しています。

 開発者へのロングインタビュー企画も豊富。「マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー」の鶴見六百さんや、「THE スナイパー」「THE 落武者」などSIMPLEシリーズの個性的すぎるタイトルを手掛けた岡島信幸さんが、裏話をぶっちゃけまくります。

 さらにはファミコン史上における伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」の福津浩さんも登場。企画に本気で参加したビートたけしさんとの、すさまじい打ち合わせの様子が明らかになっています。


たけ挑 特別企画「『たけしの挑戦状』を創った男」


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」