ニュース
» 2016年09月18日 17時00分 公開

全ては社長の趣味から始まった 三重県の製薬会社内にある「BANKYOフィギュア博物館」がすごい

大人のおもちゃ箱や〜。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 製薬会社・万協製薬(三重県多気町)の工場内に2014年にオープンした「BANKYOフィギュア博物館」。ここには同社社長であり館長の松浦信男さんが趣味で集めたグッズ約3万点が展示されています。

 コレクションはアニメ、美少女、特撮、アメコミ、ミリタリーなど多岐にわたりますが、これらは約20年かけて1人で収集したそうです。今夏、同館を訪れる機会があったので現地の様子をレポートします。

フィギュア館 BANKYOフィギュア博物館入口 神々しい。

 受付を済ませ中に入ると、いきなり背丈より高い 黄金の鉄人28号が迎えてくれます。その前にはなぜかビリケンさんと……お賽せん箱!?

 右側には鉄腕アトム、壁には訪れた著名人のサインがずらりと並びます。左側には金属で作られた3メートルほどのゴジラが! 隣には等身大のウルトラマンやガメラがいるのですが小さく見えます。その奥にはエヴァンゲリオン初号機、宇宙戦艦ヤマトの森雪さんなどが鎮座していて、入口から圧倒されます。

フィギュア館 俳優、漫画家、監督など著名人のサインが壁一面に。仮面ライダー1号の あの人のサインも!

フィギュア館フィギュア館 ゴジラは鉄筋や鉄板などで作られていて3メートル弱。エヴァ初号機も等身大で迫力があります

 棚にさり気なく置かれている額には、おそ松くんなど見覚えのある鉛筆描きのようなものが。よく見るとアルファベットと数字やメモのようなものが書かれていたので確認してみると……原画! 思わぬところにお宝が潜んでいます。

フィギュア館 あきれ顔のチョロ松でしょうか

フィギュア館 作画監督の佐々木かづひろさんのサイン入り

フィギュア館 棚にさり気なく超合金が置かれているので、見つけ出すのも楽しみの1つ

フィギュア館フィギュア館 驚くほどの数のミニチュアが棚にところ狭しと並べられている。ヒーローに狙われてゴジラは高い所へ逃げたようだ

フィギュア館 後光が……!?

フィギュア館 「突撃! イエッサー!」 ミリタリーモノも多数

 今では珍しい超合金から、特撮、映画の等身大フィギュアがずらり。一体どうやって手に入れてるのか尋ねてみたところ、「どうしても欲しいものが店にない時は、制作会社に頼んで作ってもらう」という衝撃の回答が。ちなみに、同館の奥はコスプレ衣装と撮影場が用意されていて、大人から子どもまで楽しめる仕様になっています。

フィギュア館フィギュア館 この仮面ライダーは2メートル以上、マジンガーZ各シリーズも等身大とデカイ!

フィギュア館フィギュア館 ガンダムと赤ザクが横並び。実は仲良しか……!

フィギュア館 「紹介しろよ!」とスパイダーマンがにらんでいる気がしなくもない

 松浦さんはもともと神戸在住。昔から趣味でフィギュアを集めていました。しかし、阪神大震災で自宅や工場など全て失ってしまい、コレクションもゼロに。1996年に多気町へ本格移住し、一段落してからフィギュア収集を再び始めました。すると、いつの間にか増えてしまい自宅に置ききれない状態に。

 仕方ないので自宅横に倉庫を建ててさらに収集していたところ、見たい人が来るように。やがて見学者の増加と、倉庫が手狭になったタイミングで新工場を造ることになり、「工場の空きスペースを利用して みんなに見てもらえる博物館ができた」とのこと。今でも収集心は衰えてないと言います。

フィギュア館 お待たせしました美少女コーナー

フィギュア館 ヤバイ、紹介しきれない……!

フィギュア館 この列だけで美少女ものがこんなに。棚の上にはまだ開封されていない箱があり、暇ができれば順次並べていくとのことなので、まだまだ増えそうだ

フィギュア館フィギュア館 コスプレ衣装と撮影スタジオも完備されている。

 ちなみに、松浦さんは地元で「おたコス」(次回開催は11月6日)というコスプレイベントをプロデュースするほど、自他ともに認めるオタク。休みの時は自ら来館者を案内しているので、オタトークを楽しみたい人は館長凸も楽しいかも。

フィギュア館 未開封のプラモデルケースや飛行機の模型などなど、写真で紹介しきれない……だって3万点もあるんだもの

BANKYOフィギュア博物館

開館時間:9時〜18時

所在地:〒519-2179 三重県多気郡多気町仁田725-1 万協製薬株式会社 第三工場内

入館料:税込800円(2歳未満無料、スキンケア商品のおみやげ付き)

休館日:土曜日(館長が休みの時は臨時開館あり、日・祝は開館)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」