ニュース
» 2016年09月17日 15時27分 公開

ねっと用語知ったかぶり:「オプーナを買う権利をやろう」――なぜオプーナさんはワゴンの王と呼ばれるようになったのか

発売日はマリオとの直接対決でした。

[ねとらぼ]

 たまに見かけるネット用語を、勝手に知ったかぶりで解説する「ねっと用語知ったかぶり」。今回は「オプーナを買う権利をやろう」をご紹介します。新作ゲーム「無双☆スターズ」への参戦で話題再燃となったオプーナ。そもそも「オプーナ」とは2007年に発売されたWii専用ゲームソフトですが、一体なぜ購入のために権利が必要となるのでしょうか?


「オプーナを買う権利をやろう」 名作なのに購入のために権利が必要なのはなぜ?


【オプーナを買う権利をやろう】

 「オプーナ」は開発をアルテピアッツァが担当し、2007年11月1日にコーエー(現コーエーテクモゲームス)より発売されました。同年3月に行われた製作発表会見では「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二氏が登壇し、ドラクエの制作実績があったアルテピアッツァをコーエー側と引き合わせた経緯を説明。さらにコーエー役員から飛び出た「まずは50万本、最終的には100万本のセールスを目指す」という強気過ぎる発言がネット民の話題をさらい、“オプーナ”と “やる夫”を闇融合させた“やるオプーナ”のアスキーアートも2ちゃんねるを中心に大流行しました。

 当初の売上目標がどれほど高いハードルだったかというと、2007年に発売されたWii用タイトルで50万本を超えるセールスがあったのはわずか5作品であり、同年Wii用に発売されたドラクエのスピンオフ作ですら初動は50万本に届かないという状況でした。おまけに当初は夏に発売予定とされていたのが、開発の遅延により、よりによって発売日が任天堂の看板タイトル「スーパーマリオギャラクシー(同年約75万本を売上)」と被るという不運も。こうしてマリオとの直接対決や、コーエーの強気過ぎる姿勢、オプーナのゆるかわいいキャラクターデザインといった要素が合わさった結果、同作はネット上で良くも悪くも注目を集め続け、発売前から「売り上げ的に敗北が約束されたタイトル」といった認識が広まっていきました。

 こうして「オプーナ」は実際にプレイした人からは「良ゲー」ともっぱらの評判であったにもかかわらず、売上は大不振に終わってしまいました。その後オプーナは、不良在庫を格安で販売する「ワゴンセール」の象徴的存在となり、やがて「オプーナを買う権利をやろう」というフレーズも、相手が欲しがっていないものを強引に押し付ける体の冗談としてすっかり定着してしまったのでした。


「オプーナを買う権利をやろう」 名作なのに購入のために権利が必要なのはなぜ? ちなみにオプーナの頭部に付いている球体「エナジーボンボン」は本来浮遊しており、間に何か付いてるのは“やるオプーナ”のオリジナル


使い方例

例1:「よくぞねとらぼに来てくれた。褒美としてオプーナを買う権利をやろう

例2:「買う権利ありがとうございます……! ありがとうございます……!



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」