ニュース
» 2016年09月22日 17時00分 公開

廃墟遊園地「化女沼レジャーランド」の見学ツアー開催 通常入れぬホテルや「お姫館」も見られる

別名「廃墟マニアの聖地」をじっくりまわれるチャンス!

[宮原れい,ねとらぼ]

 宮城県大崎市にある廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」を見学するツアーが11月5日に開催されます。最近では買い取り手を募集するツイートで話題になった(関連記事)「廃墟マニアの聖地」とも呼ばれる場所で、普段出入りできない園内を1日見学できる内容となっています。



 ツアーでは2000年に閉園後、現在も遊具がそのまま残されている化女沼レジャーランド内を、施設管理者の案内付きでまわることができ、改名前である「化女沼保養ランド」時代の逸話も聞けるとのこと。さらには通常入れない「化女沼パークホテル」と「お姫館」も見学可能です。

 また、コスプレ専用イベントではないため更衣室はないものの、撮影などは自由となっています。


化女沼レジャーランド 廃墟 遊園地 見学 ツアー 別世界に行けそうな雰囲気のある入り口

化女沼レジャーランド 廃墟 遊園地 見学 ツアー レジャーランドの象徴でもある観覧者

化女沼レジャーランド 廃墟 遊園地 見学 ツアー 廃墟感をより演出している遊具

 ツアー行程は朝9時に仙台駅を出発し、10時半から見学スタート。再び仙台駅に着くのは18時15分頃となります。チケットは大人・子供ともに8800円で、未成年者の場合は参加同意書などが必要です。

 主催によると、今回で今年4回目となる化女沼レジャーランドツアーで、持ち主である後藤孝幸社長もたびたび参加して案内をしているとのこと。来年には、こちらも廃墟マニアの中では有名な「金華山観光ホテル」(宮城県)の見学ツアーを予定。すでに許可はとっていて、あとは日程を決めるだけだということです。



(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン