ニュース
» 2016年09月23日 22時00分 公開

【閲覧注意】出発点は“グロ弁” リアルな「ホラー菓子」をつくる「中西怪奇菓子工房。」に秘密を聞いた (1/2)

「脳みそレアチーズケーキ」や「目玉ゼリー」……ホラーなお菓子で話題の「中西怪奇菓子工房。」

[谷町邦子,ねとらぼ]

 細かなシワのある「脳みそレアチーズケーキ」、眼球の充血まで再現した「目玉ゼリー」、骨が見える「指クッキー」など、リアルでホラーな造形の「ホラー菓子」を手掛ける「中西怪奇菓子工房。」(大阪府豊中市)。ネットでも話題になる「ホラー菓子」について、代表のナカニシ ア由ミさんにリアルさの秘密や誕生の経緯を聞いてみた。

中西怪奇菓子工房

リアルさを追い求めたこだわり

中西怪奇菓子工房 目玉ゼリー

 「どうせ作るならよりリアルに、よりおいしく」――そんな思いで製作する代表のナカニシさん。ぬるぬるとした感触が伝わってきそうな「目玉ゼリー」は最初、白目の部分を牛乳で作っていたという。しかし、真っ白になりすぎてしまい不自然だったため、現在はカルピスで作っている。また、眼球が充血している様子を再現するため、注射器でクランベリージュースを入れているそうだ。

中西怪奇菓子工房 指クッキー

 「こんがり焼けておいしそう」というには少々生々しい「指クッキー」。爪の部分にははじめアーモンドを使っていたが、よりリアルさを求めてアーモンドスライスに替えたのだという。しかし、おいしくないと感じたのでピーナッツに変更。現在に至るそうだ。

中西怪奇菓子工房 指の骨も再現

アイデアの源

 そんなリアルな「ホラー菓子」作りのアイデアは、どこから来るのだろうか。ナカニシさんは、大好きなホラー映画や、指を引きちぎったり目玉をくり抜いたりするゾンビ映画、コメディ映画だと答えてくれた。最も好きな映画を挙げるとすると、それらの要素の全てが詰まっているロイド・カウフマン監督の「悪魔の毒々モンスター」だという。演出が過剰過ぎて「怖い」というより笑えてしまうこともある映画からは、「どうせやるならやり過ぎてしまおう」というスタンスが感じられ、ナカニシさんのホラー菓子作りにも通じているそうだ。反対に心理的に怖がらせようとする日本のホラーは苦手だという。

ホラー菓子が生まれるまで

 娘さんが保育所に通っていたころ、お弁当を作っていたナカニシさん。しかし、朝が弱いのでお弁当作りが好きではなく、前の晩の残りを適当に詰めていたという。しかも困ったことに当時は人気のキャラクターをモチーフにお弁当をデコレーションした「キャラ弁」ブーム。娘さんも「キャラ弁」を作ってほしいと頼んできた。

 「とうとうその時がきたか、と思った」。面倒くさく思ったナカニシさんは、諦めさせようとあえて気持ち悪い弁当「グロ弁」を作り始めた。しかし、意外にも娘さんは喜んでくれたという。ナカニシさんもグロさを追求するようになっていったそうだ。

中西怪奇菓子工房 「ゾンビ弁当(ミドリちゃん)」。いくら娘さんが気に入っているとはいえ、さすがに保育所に持っていくといじめられるかもしれないので、夕飯をお弁当の形で出していた

 また、ナカニシさんは6年間ほどアメリカで暮らしていたことがある。アメリカでは日本よりもハロウィンを盛大に祝い、食べ物もグロい形に作られたものが振る舞われていた。しかし当時は、ハロウィン風の料理を作ることはなく、「食べる専門」として楽しんでいたとのこと。

 帰国後のある時、娘さんにクッキーを作ってほしいと頼まれ、指の形のクッキーを作ったのが「ホラー菓子」誕生の瞬間という。

 アメリカにいたころは、ハロウィンの季節になれば自然に出てきたグロい食べ物。でも、日本にはそのような習慣はあまり浸透していないので、自分で作らなければ見たり食べたりできない。ナカニシさんは懐かしく思う気持ちもあり、「ホラー菓子」を作り始めた。

 成長した現在ではそのようなことはないが、娘さんは「クッキーとは指の形をしているもの」と思っていた時期もあったそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた