ニュース
» 2016年09月23日 22時00分 公開

【閲覧注意】出発点は“グロ弁” リアルな「ホラー菓子」をつくる「中西怪奇菓子工房。」に秘密を聞いた(2/2 ページ)

[谷町邦子,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

じわじわ増えるキャラクター

中西怪奇菓子工房 もぎ取るくん

 中西怪奇菓子工房。にはいくつものキャラクターがいる。指が大好きで、見たらすぐにもぎ取ってしまう「もぎ取るくん」は人気のキャラクター。サイコなキャラクター設定ながらかわいらしい表情で、さまざまなポーズを楽しめるのも魅力だ。

中西怪奇菓子工房 もぎ取るブラザーズ

 ナカニシさんが友人から「なにかを抱きしめているかわいいキャラクターを作ってみたら?」というアドバイスを受け、はじめに誕生したのが両腕で指を抱きしめる「もぎ取るくん。現在は「弟」という設定で、本名は「茂木徹」。この名前は近所の飲み屋さんのマスターや、店にいたお客さんに考えてもらったそうだ。今は茂木徹の兄も誕生し(名前はまだ決まっていないらしい)、「もぎ取るブラザーズ」としてポストカードになるなど2人で活動している。

中西怪奇菓子工房 末っ子もぎちゃん

 「もぎ取るくん」シリーズで一番小さい「もぎちゃん」は、あるお父さんのリクエストで誕生した。お子さんの誕生日のケーキに「もぎ取るくん」2人と、小さいもぎ取るくんの1人、計3人を差してほしいとのリクエストを受けたのが誕生のきっかけ。そのお客さんのために作った小さな「もぎ取るくん」のキャラクターが好評で、許可を得て「もぎちゃん」として商品化することにした。

 「もぎ取るくんたちはすべて、周りの人々のアイデアで生まれてきているんです」(ナカニシさん)

 最終的にはキャラクターを増やし、「もぎ取る村」をつくりたいとのこと。

これからも「ホラー菓子」

中西怪奇菓子工房 「目玉チョコ」はココアクッキーをホワイトチョコでコーティング。表面に散らばる赤い粉はストロベリーパウダー

 誕生1周年の2014年にねとらぼでも取り上げた「中西怪奇菓子工房。」(関連記事)。当時はさまざまなサイトに取り上げられ、大きな反響があったという。今は落ち着いたが、お客さんが増えて予約が半年待ちになったことや、「いつでもいいから」といってくださるお客さんもいたとのこと。

中西怪奇菓子工房 ケーキの土台はガトーショコラ。真ん中でブルーベリージャムを挟み、チョコクリームでコーティング。流血は赤く着色したチョコレート

 注文が多いのはハロウィーンやクリスマス、入学式や卒業式、バレンタインなどの時期で、誕生日や結婚式の二次会に注文するお客さんもいるそうだ。

 お客さんは若い女性や、小学生から高校生くらいまでの子どもがいるお母さんなど女性中心。男性は好き嫌いがはっきり分かれるという。しかし、毎年「旦那へ」と誕生日にケーキを注文する女性もいる。ちなみにハロウィーンなどのイベントがある忙しい時期は梱包を手伝ってもらうこともあるが、基本的に製作はナカニシさんひとりが担っている。

中西怪奇菓子工房 「脳みそレアチーズケーキ」の生地はブルーベリー味。赤いカシスジャム入り。血だまりはクランベリーのシロップ

 今年(2016年)の10月31日で3周年となる「中西怪奇菓子工房。」。「自分の周りの大切な人に楽しんでもらうために作り始めたホラー菓子でしたが、今ではたくさんの人が私のお菓子でご家族やお友達を楽しませてくれている。そんな楽しい連鎖がとてもうれしいんです」と答えるナカニシさんだった。

中西怪奇菓子工房
中西怪奇菓子工房 工房内にもホラーと、ユーモアが垣間見られる

 オンライン販売中心の「中西怪奇菓子工房。」だが、2016年10月1日〜10月31日限定で店頭販売も行う。場所は大阪本町にあるカフェ&レストランDECO(大阪市西区阿波座1-5-12 ACDC;02 1F)。目玉チョコレート、指クッキー、もぎ取るくんクッキー、Tシャツなどを販売する予定。

中西怪奇菓子工房。

Webサイト

Facebook

Twitter

Instagram


谷町邦子

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」