ニュース
» 2016年10月02日 03時30分 公開

分厚すぎぃ! 2Dを無理やり3Dにした「飛び出し坊や」の着ぐるみの無理やり感がスゴイ

3D化ってそういうことじゃないと思うの

[ちまころ,ねとらぼ]

 滋賀県のイベントに出没する「飛び出し坊や」の着ぐるみが、その無理やり感あふれる姿で話題になっています。





 この着ぐるみの正式名称は「とび太くんかなり本物」。滋賀県にある制作会社・Mahorovaが作った「とび太くんシリーズ」の中の一体です。Mahorovaによると、とび太君には厚みによって「とび太くん」「とび太くんより本物」「とび太くんかなり本物」の3人がいるとのこと。


ALT 「とび太くん」。普通の着ぐるみですね

ALT 「とび太くんより本物」。身体は3Dだけど、顔が平べったい

ALT そして話題の「とび太くんかなり本物」。3D化とは何か小一時間問い詰めたい

 とび太くんの本名は「飛出とび太(とびだし とびた)くん」。もともとは交通安全啓発の看板ですが、滋賀県にこの形をした看板の設置数が非常に多いことを受け、ゆるキャラとして着ぐるみ化したそうです。Mahorovaのサイトによると「生まれは昭和48年ごろで、永遠の小学8年生。1970年代に子どもの交通事故が多発したため、自身が犠牲となる決心をした」と、意外と深い設定持ち。


ALT 滋賀県にある飛び出し注意の看板。一つずつ、微妙にデザインが違う

 「とび太くん」は滋賀県のイベントに参加している他、キャンペーンや結婚式の二次会などに呼ぶことも可能。滋賀県から往復丸1日以内のイベントの場合、出演料は3〜8万円、それ以上の遠方の場合は応相談とのことです。


ALT 「とび太くん」と「とび太くんより本物」の2ショット。2次元と3次元の壁はまだまだ厚い……

画像提供:Mahorova

ちまころ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた