ニュース
» 2016年10月01日 21時00分 公開

ダンボールしかいねえ! 全員ダンボールになってダンボールだらけのステージで対戦する箱ゲーが謎の緊張感

中に伝説の英雄入ってそう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Steamで9月12日から配信されているシューティングゲーム「What The Box?」(価格500円)がTwitterなどで話題になっています。オンラインで対戦する対人ゲームなのですが、自分も敵も完全なダンボール姿というシュールすぎる内容……と思ったらなんだこの緊張感は!?



What the Box? Coming Soon Trailer

 ゲーム内容は、移動して敵を撃つか斬るかで倒すという基本的な対戦モノ。といっても、全員がダンボール箱でステージのあらゆる場所に同じ見た目のダンボール箱がたくさん転がっているので、見た目だけではどれが敵でどれがステージのオブジェクトなのかまったく見分けが付きません。


What The Box? Steam ゲーム ダンボール シューティング 自分のダンボールを見失うレベルでまったく同じです

What The Box? Steam ゲーム ダンボール シューティング どのダンボールが敵なんだ……

 そのため、動かずにステージに潜んで敵が目の前を通り過ぎたら後ろから倒したり、追われていても角を曲がってじっとすれば周囲に紛れることが可能となっています。逆に言うと、いつどのダンボールが動き出して襲ってくるかも分からないという状況に。意外とスリルあるかも……。

 また一定時間動かないでいると、自分のダンボールに「壊れ物注意」などのシールが貼られて目立ってしまうので注意が必要です。


What The Box? Steam ゲーム ダンボール シューティング 動いた敵をスナイプしたり

What The Box? Steam ゲーム ダンボール シューティング 逆にカッターを持つ敵に追われることも……シュールで怖い!

What The Box? Steam ゲーム ダンボール シューティング いくら隠れていてもシールでまるわかりに……

 最大10人まで一緒に対戦でき、部屋を作る際は対戦条件などを設定できます。モードは5分間殺し合う(壊し合う)「デスマッチ」や「チームデスマッチ」、マップ上の特定のエリアでポイントを稼ぎ競う「キングオブザボックス」など全6種。1人称・3人称は右クリックで切り替え可能です。

 日本語に対応していませんが、必要ないくらいシンプルな内容。プレイルームでは「JAPAN」もあるので、友だちと気軽にできる対戦ゲームとしていいかもしれません。

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10