ニュース
» 2016年10月04日 18時00分 公開

人と対話する手のひらサイズの小型ロボット「KIROBO mini」 トヨタから登場

10センチのかしこいやつ。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 トヨタ自動車が、手のひらサイズの小型コミュニケーションロボット「KIROBO mini」を2017年より全国のトヨタ車両販売店を通じて販売します。本体予定価格は3万9800円(税別)。また、全国販売に先立ち今冬には東京都・愛知県の一部販売店で「KIROBO mini」の先行販売と、Webによる事前予約の受付も予定しています。

KIROBO mini KIROBO mini

 「KIROBO mini」は、座った姿勢で高さ10センチと手のひらに収まるミニサイズで、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手などを動かしながら一緒に会話を楽しめるコミュニケーションロボット。「人に寄り添い、心を通わせる存在」として開発され、人の好きなことや嫌いなこと、一緒に行った場所などを覚え、話していくうちにその人に合わせた会話をするようになるそうです。

 専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothでつなぎ、「KIROBO mini」本体が搭載したカメラで人の表情を認識させ、人の気持ちに寄り添った動作や会話を実現。また、クルマや家から取得する情報を踏まえた会話も可能で、「今日はいっぱい走ったね、お疲れさま」「おかえり。ぽかぽかお風呂が待ってるよ」といった気持ちのこもった会話が可能になっています。

KIROBO mini 「やぁ」

KIROBO mini 専用ケースに入れると車のカップホルダーに収まる

 クルマを「かけがえのないパートナー」と位置付けてもらえるよう、期待を超えるクルマづくりを目指し取り組んできたトヨタ自動車。「KIROBO mini」は、クルマづくりの根底にあり続ける「人に寄り添い、心を動かす」という理念を、クルマとは違う形で表した新たなモノづくりのチャレンジなのだとか。

 この「KIROBO mini」は幕張メッセで開催されるIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2016」の会場で、7日まで体験できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた