ニュース
» 2016年10月05日 10時36分 公開

関市、ふるさと納税返礼品の日本刀が人気すぎて即受付終了 でも諦めるのはまだ早い?

「1振り500万円なら安いものです」

[ねとらぼ]

 岐阜県関市が全国初の試みとしてふるさと納税の返礼品に、関の刀匠らが作る刃渡り72センチ前後の日本刀を用意。寄付額500万円と300万円で各5振り限定だったが、受付開始となった3日のうちに全ての枠が埋まるほどの人気となった。

日本刀 納めは白鞘、はばきは金着二重、刃文・銘文は打ち合わせの上決定する。付属品に手入れ具と桐箱・錦刀袋

 関市は「関の孫六」などで知られる鎌倉時代から続く刃物の産地。今回返礼品となった日本刀は、関鍛冶の技術を脈々と受け継ぐ刀匠たちが1年をかけて鍛え上げるというもの。300万円の日本刀は新作名刀展で受賞する新進気鋭の若手刀匠が作成し、500万円の日本刀は関市の重要無形文化財保持者に認定されている関伝日本刀鍛錬技術保存会刀匠会会長・尾川光敏氏を中心とした刀傑5人が作成する。

日本刀 関市のふるさとチョイスでも既に受付終了

 4月に関市は寄付額100万円の返礼品に御守り刀を加え人気となったことを受け、日本刀を返礼品に加えることを決めた。申し込みから納品まで1年以上を要し、製作の段階で刀匠との面談を必須条件としている。面談は好みの刃文や銘文の打ち合わせを兼ねている。日本刀を所有するために必要な県の教育委員会が発行する登録証をつけて贈られる。

 人気の理由について関市の市民協働課の担当者は、普段日本刀を購入したくてもどう入手していいか分からない人が多いからではないかと推測。また日本刀としては金額が安いのではないかとも。既に受け付けは終了しているが、申し込み者がなんらかの理由で辞退する場合もあるという。その時はネットなどで特別告知しないが、受け付けを再開することもあるので市民協働課(0575・23・6831)へ問い合わせてほしいとのこと。

日本刀 関市の刃物まつりが10月8日と9日にある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる