ニュース
» 2016年10月05日 16時12分 公開

負けると血を抜かれ献血に貢献 恐怖のゲームデバイス「Blood Sport」、スペインのゲームイベントに出展

献血用のプロジェクトとして、クラウドファンディングで資金を募っていましたが、一時停止されていました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゲーム中でダメージを受けると、プレイヤーの血が抜かれる周辺機器「Blood Sport」(関連記事)。2014年にクラウドファンディングで資金を募るも、運営側のKickStarterにより差し止められていましたが、プロジェクトページのコメント欄で、スペインでのイベント開催が告知されました。あわせて、ティーザームービーも公開されています。


BloodSport 「遊べ、死ね、献血せよ」とのキャッチコピーがすさまじい

告知 開催告知

 Blood Sportは、コントローラーの振動機能に用いられる電気信号を利用し、ゲームの進行に合わせてプレイヤーの血を抜くシステム。ティーザーではFPSでゲームオーバーになったプレイヤーが、血を抜かれる様子が描かれています。血液はパックにたまると白衣の女性に持ち運ばれ、献血に用いられることを示唆。ゲームを世のために役立てようという、システム本来の目的を示しています。


プレイ あえなくゲームオーバー

採血 コントローラーから伸びた装置で、自動的に採血される

パック 抜かれた血は献血用のパックにたまり……

献血 看護士らしき女性が持ち去っていく

 現地時間10月6〜9日に催されるゲームイベント「Barcelona Games World」に出展予定。開発者はBlood Sportを、ゲーマーが献血について意識するきっかけになればと考えているようです。


開催予定 バルセロナにて開催予定で、詳細までは未公開。もしかすると実演デモがあるかも?


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」