ニュース
» 2016年10月07日 12時54分 公開

墓場まで持ってけ、黒歴史! 司法書士がオタクの死後、同人グッズやPCデータを処分してくれるサービスを開始

今後はSNSに特化したサービスの展開も検討しているとのことです。

[Kikka,ねとらぼ]

 愛知県の司法書士事務所が同人誌やオタクグッズ、PCの秘蔵データなどいわゆる「黒歴史」について、利用者の死後に処分してくれるサービスを開始しました。全国的に見ても珍しいといえる本サービスはいかにして生まれたのか、坂口司法書士事務所の坂口誓哉司法書士にお話を伺いました。


黒歴史抹消 坂口司法書士事務所が始めた新サービス「黒歴史抹消計画」

 「黒歴史抹消計画」はなぜ生まれたのか

――本サービスを思い付いたきっかけを教えてください

坂口司法書士:今、「家族信託」や「ペット信託」など自分に何かあったときに、人に託すというサービスが注目を集めています。そうした中で「皆さんが残したいものは何なのだろう」と考えていくうちに「逆に残したくないものはどうするのだろう」と調べ始めました。

――黒歴史に的を絞った理由についてはいかがでしょうか

坂口司法書士:ネットなどで調べたところ「黒歴史グッズの処分」に悩まれている方が少なくないと知ったからです。また私も若干のオタク気質なので、見逃せない問題だと思いました。

――具体的にはどのようなことをしてもらえるのでしょうか

坂口司法書士:同人誌や抱き枕カバーなどのグッズの処分はもちろんですが、希望があればSNSのアカウントやHDDのデータ削除なども行います。具体的には当事務所にご本人死亡のご連絡をいただきましたら現地へお伺いし、「黒歴史グッズ」を段ボールに詰めます。その後ごみ処理業者に処分を委託し、最終的には廃棄証明書が発行される予定です。


黒歴史抹消 利用ガイド漫画は坂口司法書士による力作

――なるほど〜。ちなみに一連の流れがマンガでも公開されていましたが、これは坂口司法書士が描かれたのですか

坂口司法書士:そうです(照)。頑張って描きました。

――お上手ですね。詳しい利用の手順を教えてください

坂口司法書士:お問合せ、お申込みをいただきましたら各書類が当事務所から発送されますので、そちらに必要事項を記入していただきます。この時注意したいただきたいのが「ご親族の同意」です。これはご本人が亡くなったということを確実に当事務所に知らせていただきたいということと、お部屋の鍵を開けていただきたいためです。また貴重品に関するトラブル防止の観点からもご親族の同意は必要不可欠であると考えています。

――でも親族に「黒歴史」が知られてしまうのではないでしょうか

坂口司法書士:同意書をいただく際には、(黒歴史グッズの)個別具体的な物の名称についての明言は避けます。また死亡に関する連絡と開錠、貴重品などについては触れないことの確認をお願いしますという内容なので、そこはご安心ください。


 気になる費用については契約着手金6000円、財産管理契約など3万4000円、死後事務委任預託金5万円、情報更新(パスワード変更などの際1回あたり)3000円、情報管理料(月額)500円と総額約9万円。

 サービスによって若干の価格変動はあるものの、通常の信託であれば公正証書の作成費などがかかるので、やや割安の印象を受けます(ただし東京都、神奈川県、愛知県、大阪府を対象にした金額となっているため、他府県の場合は別途相談してほしいとのこと)。

 なお、途中で契約を解除する場合には違約金がかからないほか、死後事務委任預託金は振込手数料を引いて返金されます。また死後事務委任預託金には死亡連絡時に現地へ「黒歴史グッズ」を回収に行く交通費なども含まれているので死後、親族に対して何らかの請求がいくことがないという点も安心です。

 時代の流れをうまく取り入れたサービスといえる「黒歴史抹消計画」。今後について坂口司法書士は「SNSのアカウントのみを対象とするサービスなども検討していきたい」と話しており、こちらは一般ユーザーも注目のサービスとなりそうです。

画像提供:坂口司法書士事務所


(Kikka)

関連キーワード

司法書士 | 処分 | 同人誌 | 抱き枕 | 廃棄


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」