ニュース
» 2016年10月09日 21時38分 公開

ディズニー公認アーティストの"パクリ”疑惑 展示会主催者がコメント「当社は正規のルートで仕入れております」

なんともモヤモヤするコメントですが……。

[ねとらぼ]

 ディズニー公認アーティストの1人、ジョエル・ペイネ氏の作品に盗作疑惑が持ち上がっている件で、公認アーティスト作品の展示販売会「ドリームアートワールド2016」を主催するアールビバンは10月6日、「当社は、正規のルートで仕入れております」とのコメントを発表しました。


ディズニー公認アーティストにパクリ疑惑 問題となっているジョエル氏の作品(ジョエル氏の公式サイトより)

 問題となっているのは、ジョエル・ペイネ氏の作品の1つ「One Time Moment」。これに対し10月初旬、Twitter上で「反転すると別のイラストとまったく同じ構図になる」と、いわゆる「トレース疑惑」が指摘されたことから話題に。ジョエル氏のイラストはディズニー情報誌「ディズニーファン11月号」の「ドリームアートワールド」のページに載っていたため、同イベントを主催するアールビバンがコメントを出すに至ったようです。


ディズニー公認アーティストにパクリ疑惑 ジョエル・ペイネ氏の作品について(アールビバン公式サイトより)

 アールビバンはジョエル氏の作品について、「インターネット上にて、盗作(パクリ)であると掲載がされておりますが、ジョエル・ペイネ氏はディスニー公認アーティストであり、同作品はディズニーから許諾を受けた作品で、当社は、正規のルートで仕入れております 」とコメント。ただ、「ジョエル氏がディズニーの公認アーティストであり、作品はディズニーから許諾を受けたもの」「同社は正規のルートで仕入れている」という点をあらためて強調したにとどまっており、ジョエル氏の作品が盗作であるかどうかまでは触れませんでした。

 元になったとされるファンアートは日本人作者によるもので、2013年にPixivとdeviantARTで発表。今回「ディズニーファン」を読んだフォロワーが「似ている」と作者に報告したことから発覚しましたが、本人のツイートによると“私の目がおかしくなったのかと思ったくらいに”そっくりだったそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」