ニュース
» 2016年10月09日 21時38分 公開

ディズニー公認アーティストの"パクリ”疑惑 展示会主催者がコメント「当社は正規のルートで仕入れております」

なんともモヤモヤするコメントですが……。

[ねとらぼ]

 ディズニー公認アーティストの1人、ジョエル・ペイネ氏の作品に盗作疑惑が持ち上がっている件で、公認アーティスト作品の展示販売会「ドリームアートワールド2016」を主催するアールビバンは10月6日、「当社は、正規のルートで仕入れております」とのコメントを発表しました。


ディズニー公認アーティストにパクリ疑惑 問題となっているジョエル氏の作品(ジョエル氏の公式サイトより)

 問題となっているのは、ジョエル・ペイネ氏の作品の1つ「One Time Moment」。これに対し10月初旬、Twitter上で「反転すると別のイラストとまったく同じ構図になる」と、いわゆる「トレース疑惑」が指摘されたことから話題に。ジョエル氏のイラストはディズニー情報誌「ディズニーファン11月号」の「ドリームアートワールド」のページに載っていたため、同イベントを主催するアールビバンがコメントを出すに至ったようです。


ディズニー公認アーティストにパクリ疑惑 ジョエル・ペイネ氏の作品について(アールビバン公式サイトより)

 アールビバンはジョエル氏の作品について、「インターネット上にて、盗作(パクリ)であると掲載がされておりますが、ジョエル・ペイネ氏はディスニー公認アーティストであり、同作品はディズニーから許諾を受けた作品で、当社は、正規のルートで仕入れております 」とコメント。ただ、「ジョエル氏がディズニーの公認アーティストであり、作品はディズニーから許諾を受けたもの」「同社は正規のルートで仕入れている」という点をあらためて強調したにとどまっており、ジョエル氏の作品が盗作であるかどうかまでは触れませんでした。

 元になったとされるファンアートは日本人作者によるもので、2013年にPixivとdeviantARTで発表。今回「ディズニーファン」を読んだフォロワーが「似ている」と作者に報告したことから発覚しましたが、本人のツイートによると“私の目がおかしくなったのかと思ったくらいに”そっくりだったそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」