ニュース
» 2016年10月11日 23時00分 公開

赤い通り魔「レッドマン」の展示会が中野ブロードウェイで開催決定 本物のマスクなど貴重な資料が勢ぞろい

※レッドショットはただの記念撮影なのでご安心ください。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 リバイバル配信をきっかけにネットで人気になった「赤いあいつ」レッドマンの資料展が、11月17日〜11月28日にかけて中野ブロードウェイ3階「墓場の画廊」にて開催されます。入場は無料で、開場時間は11時から20時まで。


赤い赤いあいつ キービジュアル

 レッドマンは、1972年に日本テレビ系列「おはよう!こどもショー」の1コーナーとして放送されていた「正義の」超人が数々の怪獣たちと戦う作品。2016年4月からYouTube円谷プロ公式チャンネルで始まったリバイバル配信をきっかけに、その荒々しいファイティングスタイルがネットで人気を呼びました。

 具体的には、敵に自分の武器(レッドナイフ、レッドアロー)を投げて一撃必殺、レッドナイフで通り抜けざまに敵を一刀両断、レッドアローを地面に突き刺して出た火で敵を倒したり……などなど。武器を使わない戦闘でも、敵を崖から投げ落としたり(レッドフォール)、逃げる敵を追い詰めたり(レッドジャンプ)、そもそも打撃、投げ攻撃がガチすぎるといった正義の超人とは懸け離れたものばかり。


赤い赤いあいつ赤い赤いあいつ イベントではさまざまなグッズが販売されます

 だがそれがいい、と人気になったレッドマンの資料展「赤いアイツ展〜Exhibition Of REDMAN〜」は、未発表のスチールや本物のマスク、当時の撮影風景などを展示。レッドマンと一緒に写真が撮れる「レッドショット」、レッドマンへの応援メッセージボードの設置はもちろん、本編の全話上映も常時行われます。

 11月18日14時からは同作品のカメラマンにして現円谷プロダクション代表取締役社長である大岡新一氏によるトークイベントを実施。当時本当にマイナーな作品だったのか!? と思うほどのイベントになっています。

 なお、トークショーへの参加は、「赤いアイツ展」開催期間中に対象商品を8000円(税込)以上購入した先着50人が対象となっています。同イベントではレッドマンがモチーフのパスケースやiPhone用ケース、缶バッジやアクリルキーホルダーなどが販売されるため、レッドファイトをさらに楽しみたい方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


赤い赤いあいつ 円谷プロ公式チャンネルではウルトラマンオーブさんとレッドマンが並び立つ謎の現象が起きています

商品リスト

iPhoneケース(ウルティモッシュ):3218円

スマホ用手帳型ケース(ウルティモッシュ):3996円

モバイルバッテリー(ウルティモッシュ):3996円

パスケース(ウルティモッシュ):1296円

ビッグキーホルダー(ウルティモッシュ):972円

キラキラシール3枚セット(レッドシャーク):2160円

Tシャツ(PUNK DRUNKERS):4968円

Tシャツ(ハードコアチョコレート):3800円

Tシャツ(ウルティモッシュ):4860円

パーカー(ウルティモッシュ):1万800円

マウンテンパーカー(ウルティモッシュ):7992円

スウェット(ウルティモッシュ):1万800円

キャップ(ウルティモッシュ):6264円

ショルダーバッグ(ウルティモッシュ):4860円

コインケース(ウルティモッシュ):3024円

※価格は全て税込

(今藤祐馬)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン