ニュース
» 2016年10月16日 11時00分 公開

拾われ猫が美フォーアフター ぼろぼろだった子猫がぱっちりお目めの美猫に成長

猫と犬の友達もできました。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 2015年1月9日、中南米の国・ベリーズの高速道路上で大けがをした状態で拾われた猫が、その後美猫になるまでの成長記録がInstagramに投稿されています。




美猫 治療が済んでメリッサさんの家に着いた際の子猫

 メリッサさんが海外メディア・The DODOに語ったところによると保護されたオスの子猫は、あごを骨折していて、感染症のせいでぼろぼろ、口を閉じることもできなかったとのこと。それでも拾ってもらえたことに安心してか、後に拾い主となるメリッサさんの車の中でゴロゴロと甘えるように鳴いていたそうです。

 車中では偶然メリッサさんが持っていたキャットフード缶を元気に食べた子猫。「家に連れて帰ったら、子猫の目がまん丸になって輝きだした」とメリッサさんは明かしています。


美猫 ビフォーアフター@smeagol_pussより

 その大きな瞳から、映画「ロード・オブ・ザ・リング」のキャラクターにちなんでスメアゴルと名付けられた子猫。現在はメリッサさんが他に飼っている5匹の犬と5匹の猫にかこまれ、もふもふの美猫になって元気に暮らしています。


美猫 スメアゴルたちの写真が投稿されているInstagram


10月18日追記

 一部画像を差し替えました

(今藤祐馬)


関連キーワード

| 感染症 | 南米 | 治療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10