ニュース
» 2016年10月14日 18時04分 公開

北海道の釣具屋になぜ金属バット? 「サーモンメタルバット」の使い道にネット民が震える

サケ「ア゛ア゛ア゛〜〜〜〜ッ」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 北海道の釣具屋になぜか金属バットが売られている。理由は釣ったサケを殴って殺すのに使うからだ――というローカルネタが、Twitterで道外の人々をざわつかせています。さすがは北の大地、釣り道具も何だかスケールが違う……!

サーモンメタルバット 話題となった、サケを殺すための金属バット(画像提供:@_nao_michi_さん)

 話題のきっかけとなったのはTwitterユーザー・なおみちさん(@_nao_michi_)の投稿。釣具店で金属バットを売っている理由を店員に尋ねたところ「釣ったシャケをこれで殴って殺す」と返ってきたそうで、バットの写真とともに報告するや、2万回以上リツイートされるなど反響を呼びました。

 本州勢からは「マジか」「チョコバットならぬ鮭バットの実在に震える」と、バットのシビアな使用法に驚きの声が。道民からは「え、道外に売ってないんですか?」「当たり前だと思ってた」と、実はローカルネタだったことにびっくりする反応があがっています。

 商品名は「サーモンメタルバット」。これまた力のある言葉です。製造している大阪の釣具メーカー・ナカジマに取材したところ、確かに釣ったサケを殴り殺すための道具だそう。よく釣りでは魚の鮮度を保つため、釣った直後に延髄をナイフで切断して即死させる「締め」を行います。しかしサケは仕掛けで2、3匹同時で釣れるほか、針を引っ掛けたまま暴れたりするため、バットで頭をたたくほうが安全に効率よく殺せるとのことです。

サーモンメタルバット ナカジマの「サーモンメタルバット」。片手でたたけるように、長さは一般的なバットよりも短め。ワインレッドカラーに「Salmon Metal」の英字が光る(参考価格:2500円)

 ナカジマ以外に、北海道の問屋もオリジナルのサケたたき用の木製バットを作り、道内の釣具屋で販売しています。ナカジマも20年前から木製バットを製造していましたが、金属バットの業者とコネクションができたため、変わったものを作ってみようと今年初めて「サーモンメタルバット」を生産しました。珍しいのが功を奏し、1000本あった在庫も完売に近いといいます……ちゃんと需要があるのがすごい。

 なおアイヌ文化にも、サケ・マスを獲った際に頭を「魚たたき棒」でたたく「イサパキクニ」という風習があります。石狩市公式サイトの「いしかり博物誌」によると、殺すだけでなく「サケ・マスの霊を彼らの世界に送り、再びこの世に再生し豊漁をもたらすことを願う」儀礼的な意味も持っているのだそう。明治時代の北海道を舞台にした漫画「ゴールデンカムイ」に、アザラシをたたき殺すシーンがあったな……!

 ちなみに世界最古の魚たたき棒は石狩紅葉山49号遺跡から発見され、約4000年前のものとされています。北海道の地でサケをたたく姿が今も、木の棒を金属バットに変え続いていると思うと味わい深いものがあります。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」