ニュース
» 2016年10月14日 19時29分 公開

アノ映画の“アノ対策本部”をジオラマで再現する人が登場 製作過程をレポートするツイートから目を離せない!

写真を見ているだけで指がつりそうになる細かい作業です。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 佐藤純也さん(@indiana1974)がTwitterに投稿した“手いたずら”の写真シリーズがじわじわと閲覧数を伸ばしています。まずは、時系列で投稿を見てみましょう。

 “手いたずら”というように、誰にでもできる針金いじりかのようですね。これはイスでしょうか。

 やがて、イスに加えて机ができ、その周りに人の姿が。作業着姿の人もいるようですね。

巨災体フィギュア彩色前 なんだこの既視感は……(以下、画像提供は佐藤純也さん

 MacBookとVAIOを作り、机に配置。人物の首もそろいました。あれ……なんか既視感あるぞ、この場面。

 ここで気づく人が多数現れ、「これはっ!」「あのシーン!」と反応。リツイート数も爆発的に伸びます。そう、これは映画「シン・ゴジラ」の巨災対(巨大不明生物特設災害対策本部)の名シーンでした。

 「これって“手いたずら”のレベル?」と思いきや、プロフィールをよく見ると佐藤さんは自然科学系のカプセルトイを作る企業「いきもん」の代表を務める方でした。道理で手先が器用です。

巨災体フィギュア尾頭ヒロミ 尾頭さぁぁん!

 ジオラマの正体が明らかになってから、多くの人が作業の進行を注視するモードに。ちなみに、映画内でのこのシーンに実際にはいませんでしたが、このジオラマでは左端に石原さとみさん演じるカヨコ・アン・パタースンも追加されています。

巨災体フィギュア彩色後 あのシーンの空気感を忠実に再現!

 彩色され、どこからどう見ても「巨災対」となってからも、ひたすらディテールを作り込んでいく佐藤さんのこだわりがハンパない。まもなく、ほぼ完成するとのことなので、気になる方は作者の佐藤さんのTwitterを要チェックです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた