ニュース
» 2016年10月14日 22時15分 公開

「離婚されちゃう! お願いカビゴン引き取って!」 誤ってでか過ぎるぬいぐるみを購入した男、妻に怒られ悲しみのフリマ出品

無事売れたそうでよかったよかった。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 海外のフリーマーケットサイト「carousell」に、巨大なSnorlax(「ポケットモンスター」に登場するカビゴンの英語名)のぬいぐるみが250ドル(約2万6000円)で出品されました。サイズは通路をふさぐほどで、カビゴン好きにはたまらないであろう品。どうして手放すことになったのかと思いますが、出品説明には悲しいエピソードが記されていました……。


カビゴン でかい! かわいい! なんで売っちゃうの?

出品ページ 出品ページ

 出品者のシンガポール在住男性は、カビゴン好きの奥さんへのプレゼントとして小型のぬいぐるみを3つネットで注文したつもりだったそうです。しかしカートに入れる際に間違ったらしく、届いたのは特大サイズが3つ。その結果、部屋はカビゴンに占領されるハメになりました。値段で気付こうよ……。


3匹 かわいい巨大カビゴンも、3匹もいるとさすがにジャマかも

 その結果、喜ばせるはずだった奥さんには激怒され、「実家に帰る」と脅される非常事態に。出品者は「離婚されちゃう前に買って!」と、悲痛な叫びをあげています。文末の「PLEEAAASEEEEEEEE」がマジ切実。

 なお、その後カビゴンは無事完売し、出品者は喜びのコメントを追記しています。めでたしめでたし……と言いたいところですが、まずは奥さんへのフォローを急いで早く!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響