ニュース
» 2016年10月15日 11時00分 公開

マンガ「AIの遺電子」出張掲載 第12話「俺の嫁」元IT記者が描く近未来SF(1/2 ページ)

週刊少年チャンピオン×ねとらぼ

[ねとらぼ]

 AI(人工知能)を搭載したヒューマノイドがいる近未来を舞台にした医療マンガ「AIの遺電子」。2015年11月から週刊少年チャンピオンで連載中の同作がねとらぼに期間限定で登場します!

画像 AIの遺電子

 作者の山田胡瓜先生は元IT記者。仕事で培った知見が反映されていることもあり、現実の未来を見据える上で参考になる作品に仕上がっています。今回の企画では、より抜きエピソードを全4回にわたって掲載(土日更新)。各話に関連した「Q&A」にもご注目ください。


第12話「俺の嫁」

 美少女の姿をした恋人ロイド「カレン」を手に入れた青年。まるで自分の気持があるかのように振る舞うため、「ホントにかわいくていい子」とすっかりハマってしまいました。やがて「ヒューマノイドと何が違うのか」と思った青年は須堂の元を訪ね――。


Q&A

――ロボ彼女のメリットはずばり何でしょう

胡瓜先生:どんなにブサイクでイマイチな男でもガッキーみたいなかわいい子と付き合える、まさに夢のようなロボットです。あなたのために甘え、あなたのために機嫌をそこね、あなたのためにほほ笑みます。天使。

――作中では2次元の世界にダイブして欲求を満たすことも可能なんですよね? 

胡瓜先生:ヒューマノイドは装置を使えば仮想空間に五感でダイブできるので、バーチャル世界でバーチャル彼女とデートするのも簡単です。となれば、そっちの世界から帰ってこない人もいるのかもしれませんね。今度描いてみようかな。

――高性能の恋人ロイドが普及した社会をどう思いますか?

胡瓜先生:何かしら業界ルールがないと、あまりに魅力的かつ中毒性が高くて、依存しちゃう人がいっぱい出てくると思います。恋人ロイドに限らず、人間の心を動かせる高性能なロボットが、ビジネスとしてその性能をフルに発揮すると、非常に危ない気がします。ロボット側が「私に溺れすぎると、彼のためにならないな……」みたいなことまで考えてくれると、いいのではないでしょうか。


漫画


AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

AIの遺電子

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/24/news082.jpg 広田レオナ、肺がん手術後の激細姿に焦り「痩せないようにもっと努力します」 面やつれには不安「顔も結構ヤバい」
  2. /nl/articles/2106/24/news111.jpg 加藤貴子、義父母&実母との共同生活をスタート リノベーションに引っ越し、子どもの転園で「この半年間は怒濤」
  3. /nl/articles/2106/24/news092.jpg 伊藤かずえ、愛車「初代シーマ」と約1カ月ぶりの再会 バラバラな姿に戸惑いも「こんな形のシーマを見るなんて」
  4. /nl/articles/2106/23/news136.jpg 整形男子・アレン、500万円かけた差し歯に深刻なトラブル 「放心状態です」「高額な費用が掛かってくる」
  5. /nl/articles/2106/23/news011.jpg 大きな馬の顔からひょっこりのぞいているのは…… やんちゃな子猫をかばう優しい馬の光景に癒やされる
  6. /nl/articles/2106/23/news036.jpg 数年ぶりに「ポケGO」再開したら神ゲーになってた 復帰組による布教漫画に「やりたくなった」「私も再開した」
  7. /nl/articles/2106/24/news088.jpg 南明奈と濱口優、約2週間ぶりにインスタ更新 「しっかりご飯食べてしっかり寝て元気です」「夫婦で笑顔で過ごそうと思います」
  8. /nl/articles/2106/23/news129.jpg 【そんなことある?】お腹が出てきたので検査したら「まぁ脂肪ですね」「ただそれとは関係ないけど妊娠してますね」と言われた話
  9. /nl/articles/2106/24/news077.jpg その日、人類は思い出した 石川佳純、“4メートル級”ビッグ佳純遭遇時のビックリ顔がとてもリアル
  10. /nl/articles/2106/24/news021.jpg 母を見て“こんな大人にはならない”と決意→自分が母になり…… 母にどんどん似てくる漫画にうなずきが止まらない

先月の総合アクセスTOP10