ニュース
» 2016年10月15日 16時47分 公開

美しい…… 「じゃらん」が「一生に一度は見るべき夕日絶景スポット」を発表

海を歩いているような体験も?

[大場巧揮,ねとらぼ]

 「じゃらん」の編集部が「一生に一度は見るべき夕日絶景スポット」を発表しました

 旅行サイト「じゃらんnet」の利用者に対し「旅先で夕日がキレイと思った県はどこですか?」というアンケートをとったところ、1位沖縄県、2位北海道、3位静岡県、4位長崎県、5位神奈川県となりました。これをもとに「じゃらん」編集部がおすすめする夕日スポットを紹介しています。

5位 神奈川県の稲村ヶ崎(鎌倉)


富士山を眺められるスポット 富士山を眺められるスポット

 稲村ヶ崎は、由比ヶ浜と七里ヶ浜の間に位置する岬で、空気が澄んでいる日には富士山を眺めることができるスポット。「かながわの景勝50選」や「関東の富士見100選」にも選ばれている有名な景勝地です。海と富士山と夕日という組み合わせがいい……。





4位 長崎県の鍋冠山公園展望台(長崎市)


明治日本の産業革命遺産が一望 明治日本の産業革命遺産が一望

 長崎港や旧グラバー住宅、軍艦島など明治日本の産業革命遺産が一望できる展望台。リニューアルされて、360度見渡すことができます。夕日だけでなく、長崎の夜景も人気のスポットです。





3位 静岡県の恋人岬(西伊豆)


カップルにおすすめの恋人岬 カップルにおすすめの恋人岬

 カップルに人気の恋人岬は、西伊豆エリアで美しい夕日を望めることができるおすすめスポットなのだそうです。日の入り時刻の約30分前から日没後数十分はマジックアワーと呼ばれ、絶景夕日タイムです。

2位 北海道の函館七飯ゴンドラ(函館)


函館七飯ゴンドラ 函館七飯ゴンドラ

 七飯町にある函館七飯ゴンドラは、ニセコ連峰や室蘭方面も見渡せる絶景スポットです。新函館北斗駅から無料シャトルバスも出ているので、北海道新幹線からアクセスも簡単です。





1位 沖縄県のバラス島(西表島)


海を歩いている? 海を歩いている?

 堂々の1位は沖縄にあるバラス島。陸地はサンゴの殻でできているため真っ白。満潮時には島が細長くなり、夕暮れと重なるとまるで海の上を歩いているような体験ができる絶景スポットです。小さすぎて地図に載っていないというのも穴場感があってロマンチックです。





 どの場所もInstagram上でも人気のスポットになっているようで、多くの写真が投稿されていました。夕暮れがさらに楽しめるこれからのシーズン、現地に見に行ってはいかがでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声