ニュース
» 2016年10月16日 22時00分 公開

NICTが透明スクリーンに浮かぶホログラフィック3D映像技術を開発 車載ディスプレイに応用も

ほとんど透明なスクリーンを通してホログラム映像を投写することが可能です。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 情報通信研究機構(NICT)が、透明なスクリーンにホログラム映像が浮かぶプロジェクション型ホログラフィック3D映像技術を開発しました。この技術によって今後は、車載ヘッドアップディスプレイやスマートグラスのホログラム映像化、あらゆるところでの3Dディスプレイの実現が期待されます。


透明な光学スクリーンに投影されたホログラム映像 透明な光学スクリーンに投影されたホログラム映像

 これまでのホログラフィック3Dディスプレイは、SLM(空間光変調器)という装置の解像度不足が原因で、実用的な画面面積と視野角を両立することが困難でした。さらにディスプレイ後方には大掛かりな光学系の装置が必要と、こうした課題がホログラフィック3Dの実用化に対して大きな障壁となっていました。


ホログラフィック3Dディスプレイの応用例 応用例

 今回NICTが開発した技術は、SLMの解像度に依存することなく画面面積と視野角を設計することができるので、ほとんど透明なスクリーンを通してホログラム映像を投写することが可能になりました。


プロジェクション型ホログラフィック3D映像技術 ほとんど透明なスクリーンを通してホログラム映像を投写することが可能

 視野角を拡大する技術についてはこれまで、レンズや凹面ミラーといった装置を使ったホログラフィック3Dディスプレイの提案がされていました。今回開発した技術は、ホログラムプリンタで作られた薄い光学スクリーン1枚で、従来の装置以上の設計自由度を実現することができます。見る側は、ホログラム映像を自由な視野角で見ることができます。

 今後はディスプレイのフルカラー化を進めるとともに、実用化を目指したシステムの簡素化などを進めていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」