ニュース
» 2016年10月20日 12時20分 公開

故・三波春夫さんのバーチャル版「ハルオロイド・ミナミ」登場 自由に歌えるソングボイスも無料公開

三波春夫改め「ハルオロイド・ミナミ」でございます。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2001年に亡くなった演歌歌手、三波春夫さんの声を音声合成技術で現代によみがえらせた「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」が発表されました。音声創作ソフト「CeVIO Creative Studio S」のソングボイスとして無料公開されており、誰でも自由に歌わせることができます。


画像 三波春夫さんが再び歌の世界に

 名古屋工業大学の統計的パラメトリック音声合成技術を応用することで歌唱データをモデル化し、三波春夫さん本人の歌声を再現したもの。「ハルオロイド・ミナミ」として3Dキャラクター化されており、オールジャンルの音楽を愛する着物姿の37.3歳という設定です。

 同氏が歌った「東京五輪音頭」(1963年)のリメイク版など全2曲の音源が第1弾シングルとして配信中で、YouTubeにはそのショートバージョンも公開されています。少し"ソフトっぽさ"はあるけど、けっこう似てるなあ!

 「ハルオロイド・ミナミ」のデータは公式サイトで無料公開されています。対応ソフト「CeVIO Creative Studio S」を30日間、機能制限なしで使える体験版もダウンロード可能。


画像画像 第1弾シングルもリリース

第1弾シングルショートバージョン

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」