ニュース
» 2016年10月22日 18時00分 公開

低年齢層がVRをプレイすると斜視になる危険性? PS VRのソニーと生理学の権威に見解を聞いた

PS VRの対象年齢は12歳以上に設定されています。

[Kikka,ねとらぼ]

 10月13日にPlayStation VR(PS VR)が発売され、大きな話題を呼んでいます。そんな中、Twitterをきっかけとして浮上したのが「VRを対象年齢に満たない子どもがプレイすると斜視になる危険性がある」という説。VRゲームを低年齢層がプレイするとどんな危険性があるのか、あるとすればどのように回避できるのか、PS VRの発売元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントと生理学の権威にお話を聞きました。


PSVR 装着するとみなぎる近未来感(SIE提供)

 VRゴーグルに警鐘を鳴らしたのはあるPCパーツ販売員の「13歳未満がVRゴーグルを使用すると斜視になるリスクがあるが、それほど告知されていない」とするツイート(現在は非公開)でした。この指摘自体はOculus RiftやGear VRなどが発売された当時からされていたものですが、今回PSVRが発売されたことをきっかけに再注目を浴びることとなりました。


PS VR 映像による生体影響リスクについて(板東武彦先生提供)

 この指摘について、生理学の権威である新潟大学名誉教授・医学博士の板東武彦先生は「6歳までの幼児については二眼式の両眼視映像を見るときに注意が必要とされている」と説明します。板東先生によると、6歳(場合によっては8歳まで)までの子供は視覚の発育過程で環境の影響を受けやすい「感受性期」にあり、この時期に、例えば片目に眼帯をした場合には、その側の眼からの刺激を大脳視覚領に伝える回路に変化が起こって、両眼視をすることができなくなるとのこと。つまり二眼式の立体視はあくまで疑似的に視差を錯覚させるもののため、目の使い方を学んでいる最中に通常とは異なる方法で立体視させると異常を起こす可能性があるということです。


PS VR,立体視に関する資料(板東武彦先生提供)

 実際に起こった症例としては赤緑式の立体映画を見た4歳児がその後、斜視になったという報告がされています。この症例はのちに行った斜視の手術により治癒したとのことですが、先天的に斜視の要素を持っている場合、強い刺激を受けると、斜視の症状が顕著に現われることが知られています。立体映像と斜視との因果関係が完全に証明されたわけではありませんが、注意が必要だと板東先生は喚起します。

 またPS VRは12歳以上、Oculus Riftは13歳以上、ハコスコは2眼の場合7歳以上(単眼は全年齢)と多少のばらつきはあるものの、ほとんど全てのVRゴーグルが対象年齢を12歳〜13歳以上に設定しています。このことについては「動揺病」が関係する可能性を示唆しました。動揺病とは、いわゆる船酔いや車酔いのような状態を指し、VRゴーグルを使った際に発生する映像酔いもこの一種です。動揺病について感受性が高いとされるのが、2歳〜12歳程度とされているため、12歳を境にしているのではないかと板東先生は推察しています。


PS VR 発売前から予約完売の状態が続いているPS VR(PSVR公式サイトより)

 この対象年齢の設定についてSIEの担当者は「さまざまな面から検討して設定した」と詳しい設定理由を明かしませんでしたが、プレイによる健康への影響については「通常VRゲームに関わらず、ゲームを1時間プレイしたら15分程度の休憩をとっていただくことを注意喚起している」と話します。

 また「不快感を感じたらすぐに使用を中止すること」や「現在までにPS VRを使用して体調に異変が生じたという問い合わせは来ていないが、できれば商品の購入前に体験会に参加するなどしてご自分に合う、合わないというものを確かめていただきたい」と購入前に商品の感覚を試すことを推奨しています。

 また、前述の「低年齢層のVRゴーグル使用の危険性を十分告知できていないのでは」という指摘に関しては、「体験会では必ず年齢確認を行っていること」や「販売店にも、商品販売時に対象年齢は12歳以上であることを告知するよう求めている」としています。これに加えて製品パッケージ、説明書、起動時のノーティスにも12歳以上対象であることが記載されています。

 確かに筆者が以前PS VRの体験会に参加した時も、画面酔いの可能性や異変を感じた際は知らせることなど、丁寧な注意告知を受けました。

 楽しいはずのVRゲームで負担を感じないためにも、まずは「対象年齢を守ること」「映像酔いという現象を認識すること」「異常を感じたらすぐにプレイを中止すること」など基本的な遊び方を守ることが重要です。

(Kikka)

関連キーワード

VRゴーグル | VRゲーム | ソニー | 3D酔い | 注意喚起


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する