ニュース
» 2016年10月21日 20時50分 公開

「Twitterに不快な広告多い」というTwitter広告に賞賛の声 「正しい課金方法」「最高」

個人のプロモツイートにおける広告審査の良し悪しが浮き彫りに。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 今日もタイムラインにさまざまなプロモ(広告)ツイートが流れてくるTwitter。10月18日ごろ「Twitterの広告に不快なものが多い」と指摘するプロモツイートが流れ、注目を集めました。Twitterの広告機能を使って機能そのものに意見するやり口がスマート!

プロモツイート 流れてきたプロモツイート。広告期間は終了して現在は消えています(画像提供:@sage_2dxさん)

 Twitterでは企業でなくても個人アカウントから一定の広告料を払えば、自分のツイートをプロモーションすることができます。その際はTwitter社の事前確認を介さないなど自由度が高い反面、社会的秩序に反したプロモツイートが利用者に表示されてしまうことも。9月末にはユーザーから「わいせつな広告が増えた」という指摘が相次ぎ、Twitter社の運営に疑問を呈する声が多く発生しました(関連記事)。

 こうした流れのなか10月16日、一般ユーザーのさげさん(@sage_2dx)は「ツイッターの広告不快なやつが多いから全部非表示にできるようにしてほしい」という文面のプロモツイートを投稿。広告料は500円に設定しました。

 18日にあるユーザーがそれを発見し、スクリーンショットを撮って「『ついったーの広告が不快だ』という広告が流れてきた」とツイートしたところ、1日で1万回以上リツイートされ話題に(該当ツイートは削除済み)。「不快な広告を表示させなくする正しい課金方法かもしれませんね」「いいわぁこの流れ、最高」とユニークな手口を評価する声が寄せられました。逆手に取るとはまさにこのこと。

 プロモツイートそのもののインプレッションは1000程度だったそうですが、後から投稿した「ツイッターに金払ってプロモツイート流してみたんだけど誰か僕のツイート出てきた?」といった関連ツイートは7000回以上リツイートされるなど、今回の取り組みをきっかけにアカウント自体はかなり注目を浴びたようです。

 広告機能そのものの批判も広告に出せてしまえるのは、Twitterで個人ユーザーがさまざまな形の広告を編み出せる自由度の高さも示しています。機能の良し悪しを浮き彫りにする、ユニークなプロモツイートでした。

 なお9月の「わいせつな広告が増えた」という件については、個人のプロモツイートが不適切な場合、Twitter社が自動審査の後から広告主に変更をお願いしたり止めたりしています。広報部も「ユーザーが報告しやすいようUIを変更したり、報告を受けてから調査を迅速に行えるよう社内の仕組みを見直したりしている」と答えていたので、引き続きサービスの改善を待ち望みたいところです。

プロモツイートプロモツイート 「エロ広告」とつぶやいているデータの、9月末と10月末の比較。Twitter社が対応したためか、かなり減ったようです

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙