ニュース
» 2016年10月23日 16時56分 公開

誰も抱きしめられなかった自閉症の少年がサービスドッグと初めて交流 嗚咽をこらえる母親の姿が感動的

日本に住むアメリカ人一家が、2年間待ち続けて出会いました。

[城川まちね,ねとらぼ]

 5歳のカイノア・ニーハウス君は、自閉症による感覚過敏のため母親でさえ自由に抱きしめることができませんでした。しかしアメリカのオハイオ州にあるNPO法人「4 Paws for Ability」でサービスドッグ「トルネード」に出会い、はじめて家族以外と交流を持つことに成功。これを捉えた写真を「経験したことのない瞬間」と母親のシャナさんがシェアしました。


サービスドッグと交流するカイノア・ニーハウス君と母のシャナさん シェアされた画像(画像は4 Paws for AbilityのFacebookより)

 4 Paws for Abilityは世界中の子どもたちにサービスドッグを提供している団体。日本に住むニーハウスさん一家は2年間サービスドッグを待ち続け、今回やっとトルネードに会うためアメリカへ渡りました。シェアされた画像には、横たわるトルネードのお腹に頭を乗せて寝転がり、リラックスした表情でくつろぐカイノア君と、その様子を見守りながら嗚咽をこらえるように口元を押さえたシャナさんの様子が収められています。

 「これは息子を抱きしめることも、洗ってやることも、着替えさせることも、寄り添うことも、そして新しいサービスドッグに横たわる彼に自由に触れることもできず、見つめている母親の写真」とシャナさんは投稿に長いコメントを添えています。それによるとカイノア君は、どんなに努力してもセラピーを受けても他者と調和することが難しく、シャナさんは長い間、夜中に泣く彼の側に座って見守ってきたとのこと。

 大人からも子どもからも多くの無礼や無知に直面してきたというカイノア君に、シャナさんは遊び場で友達を作ろうと努力してきましたがかなわず、彼には1人の友達もどんな外部との交流もなかったそう。その彼がトルネードに触れているのを見たシャナさんは、彼らの邪魔をしないように、また、どんな言葉を見つけることもできなかったため、傍らで静かに泣いたといいます。


サービスドッグと交流するカイノア・ニーハウス君と母のシャナさん サービスドッグの力はすごい(画像は4 Paws for AbilityのFacebookより)

 「これは偽りのない魔法、言葉では説明できない」とシャナさんはこの瞬間を表現。「私はこの子のために数え切れないほど泣いてきたけれど、こんな理由で泣いたのははじめてのことでした。新しくて、困難で、素晴らしく、喜ばしいことです。私はこれからもずっと、この子を側で見守っていくでしょう(もしかしてまだ泣きながら)」とコメントは結ばれています。

 4 Paws for Abilityも、「いまだにどうしてサービスドッグが子どもたちに必要なのか尋ねてくる人がいます。理解への手助けになれば」と期待を込めてシャナさんの体験を投稿。これに対して多くの人から感動の声が、同じように自閉症の子どもを持つ人からは共感と感謝の声が寄せられています。




関連キーワード

| Facebook | 子供 | アメリカ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン