ニュース
» 2016年10月24日 14時30分 公開

「京極夏彦の分厚い本にも対応」 万能ブックカバーの説明書が説得力半端ない

サイズが独特な新ハヤカワ文庫にも対応。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterユーザーのけらまさん(@KRM_whitesnake)が妹さんにプレゼントしたという、「フリーサイズブックカバー」が便利そうです。説明書によると本の大きさや厚さに関係なく使えて……「京極夏彦のように分厚い本にまで対応」!? そりゃあ、正真正銘“フリーサイズ”だわ。


説明書 ふむふむ、これは便利そう(画像はけらまさんのツイートより)

トリミング よく見ると……マジですか!?(画像はけらまさんのツイートより)

 京極夏彦作品といえば、極めてページ数が多いことで有名。単行本は800ページを超すものもあって分厚く、対応するブックカバーがそうそうないのが困りものでした。件のブックカバー(文具メーカーBeahouse製)は万能で、その問題すら解決できるそうです。


公式 メーカー公式サイトも、京極さんを名指しして特長をアピール

 文庫本からA5サイズのハードカバーまで対応。装着の際には、まず本の表紙を布製のカバーでくるみ、面ファスナーで固定します。そして本に巻き付けるようにしてたたみ、反対側の表紙をカバーに差し込めば完了。カバーの縦・横の幅を自由に調節できるため、標準文庫サイズより少し縦が長い、新型ハヤカワ文庫のような特殊規格にも対応します。


手順1手順2 本を開いて伏せ、上下から表紙をくるんで固定する

手順3手順4 本を横へ倒し、カバーを巻き付けていく

手順5手順6 反対側の表紙をカバーの端へ差し込めば完了

 1500円(税別)で、全国の書店や文具店などで販売中(販売店一覧)。Amazon.co.jpでも購入できます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた