ニュース
» 2016年10月24日 19時06分 公開

任天堂2大キャラのコラボ「マリオピカチュウ」爆誕 ついにゲーム史上最強のキャラクターが生まれてしまう

ぬいぐるみやポケモンカードのほか、「花札」「トランプ」といったグッズも。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 ポケットモンスターの公式ショップ「ポケモンセンター」で、任天堂を代表するキャラクター同士である「マリオ」と「ピカチュウ」がコラボした「マリオピカチュウ」のグッズが10月29日より販売されます。つ、ついにこのコラボがきたか……!


ポケモンセンターで10月29日より「マリオピカチュウ」グッズが販売開始! マリオとピカチュウがコラボした「マリオピカチュウ」が登場!

 「スーパーマリオブラザーズ」は1985年に発売されたファミコン用ゲーム。このソフトのヒットによりファミコンは家庭用ゲーム機として世界中に広まり、任天堂のゲーム会社としての地位を確固たるものとしました。一方、「ポケットモンスター」は1996年に発売。通信交換・対戦という要素で爆発的ヒットを記録し、その後の携帯ゲーム機というハードに大きな影響を与えました。


ぬいぐるみ マリオピカチュウ 「マリオピカチュウ」が登場
ぬいぐるみ ルイージピカチュウ 弟の「ルイージピカチュウ」もいます


 この「マリオピカチュウ」は、任天堂が本社を置く京都府京都市に今年3月オープンした「ポケモンセンターキョウト」の記念グッズ第3弾として制作されたもの。おなじみの帽子・オーバーオールに口ひげ姿をしたピカチュウは、マリオ・ルイージタイプの2種類が登場。また、オリジナルイラストは初代「スーパーマリオ」のパッケージを模しており、マリオのイラストがピカチュウに置き換わっている以外にも、「クッパ→カメックス」「ノコノコ→ゼニガメ」といった具合に変換されているようです。


TPUカバー for Newニンテンドー3DS LL マリオピカチュウ オリジナルイラストを使った「Newニンテンドー3DS LL」用カバー

ポケモンカードゲームXY BREAK マリオピカチュウスペシャルBOX 「ポケモンカードゲームXY BREAK」スペシャルBOX ルイージタイプもあります

 公式グッズはぬいぐるみのほか、「ポケモンカードゲームXY BREAK」スペシャルBOX、Newニンテンドー3DS LL用カバー、食品の「ロールクッキー マリオピカチュウ」といった商品が登場。また、キョウト店では限定のマスコットや、クリアファイルやリングノート、オリジナルTシャツなども販売されます。これらの限定商品は、オンラインショップ「ポケモンセンターオンライン」でも購入可能。

 そのほか、マリオピカチュウがデザインされた「花札」も登場。キョウト店では限定の「トランプ」も販売されます。これは、任天堂が1889年に花札の製造・販売業として設立し、1902年に日本初のトランプを作ったという歴史にちなんだものとなっています。


花札 マリオピカチュウ 任天堂の歴史にちなんだ「花札」も登場

トランプ マリオピカチュウ キョウト店では「トランプ」も販売 キョウト店限定商品はオンラインショップでも購入できます

 任天堂を代表する2大キャラクターの融合に、ネットでは「任天堂最強」のコラボとの声が。また、口ひげを生やしたピカチュウは意外なほどかわいく、「マリオピカチュウめっちゃかわいい」「マリオピカチュウやばい!!かわいすぎる」といった声があがっています。



(C)Nintendo (C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」