あちこちに猫のインテリアが隠れてる! 絵本・児童書専門店「青猫書房」で心を洗われてきた

本と猫の話題になると話が止まらなくなる店主のお店「青猫書房」を訪問。お店のあちこちには猫の人形や置物があり、猫の本のコーナーもありました。

» 2016年11月01日 11時00分 公開
[姫野ケイねとらぼ]

 飲み屋街のイメージがある東京・赤羽に、とてもファンシーな絵本・児童書の専門店「青猫書房」があります。猫好きとして、店名に魅かれるものを感じたので行ってみました。

青猫書房

 JR赤羽駅東口から徒歩7分。喧噪(けんそう)から外れ、大きな通りから1本入ってしばらく歩くと、素朴な住宅街の中に真っ白いスタイリッシュな建物が表れました。「青猫書房」の飾り文字と猫のシルエットが描かれた看板、そして入り口の上から下がっている猫のシルエットが、まるで絵本の世界へ誘っているようです。さっそく入ってみましょう。

青猫書房
青猫書房
青猫書房

 店内は広々としており、爽やかな木の香りが鼻腔(びくう)をかすめます。青猫書房がオープンしたのは2年前。有名な木造の建築家による建物で、広い店内にはたくさんの絵本や児童書が並んでいます。

青猫書房

 入り口に段ボールでできた猫ちゃんのインテリアを発見。この日は雨が降っていたので傘立てを利用したのですが、傘立てにも2匹の黒猫ちゃんが顔を出していました。

青猫書房青猫書房

 よく見ると、店内のあちこちに猫ちゃんの人形や置き物が隠れています。絵本を選ぶだけでなく、猫ちゃんを探すのも楽しそうです。

青猫書房青猫書房
青猫書房 絵本「11ぴきのねこ」シリーズの猫ちゃん
青猫書房

 店主の岩瀬惠子さんは、本と猫の話題になると話が止まらなくなるくらい、本と猫を愛している方。「青猫書房」という店名は、ちょうど店のオープンが決まったときに黒い子猫を拾ったことが由来だそうです。

 「黒猫書房だと、(クロネコヤマトの)宅急便屋さんと同じになってしまうと思い、黒い毛のことを『青毛』と表現することもあるので『青猫書房』にしました。また、これはあとづけですが、絵本の『11ひきのねこ』シリーズでは2作目からは猫たちの体の色が青くなります。そして、萩原朔太郎の詩集にも『青猫』というタイトルのものがあります。いろんな理由があって『青猫書房』という店名にしました」(岩瀬さん)

 黒い子猫、もとい青い子猫を拾ったとき、既に4匹の猫を飼っていたという岩瀬さん。当時流行っていた大河ドラマの「黒田官兵衛」から「官兵衛くん」という名前をつけ、ミルクを飲ませて育てたのだとか。

青猫書房 店名の由来になった青猫の官兵衛くんを拾った当初
青猫書房青猫書房 現在の官兵衛くん。イケメン!
青猫書房 岩瀬さん宅の他の4匹

 外に飛び出してしまった際、交通事故の心配があるとの理由でお店には出ていない官兵衛くんですが、「おじいちゃんになって眠ってばかりになったらお店デビューもあるかも?」と岩瀬さん。

猫の本のコーナーも

 多くの絵本や児童書が取りそろえてある青猫書房。どのような基準で選んでいるかも聞いてみました。

 「長く読み継がれて来て、今後も読まれていってほしい本と、お客さんにオススメされた本を基準に選んでいます。特に『どうぶつ会議』(岩波書店)は1954年発行なので、62年間も読まれています。ベストセラーの『いないいないばあ』(童心社)は1967年発行です。これはみなさん、小さいころに読んだことがあると思います。『スーホの白い馬』(福音館書店)も1967年発行。この絵本は横長の絵本ですが、モンゴルの広い風景を表現するために横長なんです。絵本の形にもきちんと意味があるんですよ」(岩瀬さん)

青猫書房 62年間も読み継がれている「どうぶつ会議」
青猫書房 横長の形の「スーホの白い馬」

 店内には猫の本のコーナーも。猫の本は目についたら入荷するようにしているそうです。

青猫書房
青猫書房

 子ども向けの本だけでなく、大人でないと意味の分からない絵本や、大人になってあらためて読むとまた違った感想を抱きそうな絵本、詩集のコーナーも。

青猫書房

 店の奥にはカフェスペースもあり、ドリンクを飲めるようになっています。このスペースは展示室も兼ねており、この日は「ポーラセーツ」という、白いお皿にシールを貼ったり絵を描いたりした作品が展示されていました。展示は1〜2週間で入れ替わり、取材日の前の週は猫のイラストが人気の画家、ヒグチユウコさんの原画が展示されていました。ほかにも、読書会や読み聞かせなどのイベントが週1回ほど行われています。

青猫書房 美しい中庭を眺めながらのティータイム
青猫書房 ドリンクメニュー
青猫書房 ラテマキアートを注文。砂糖の容器もかわいい
青猫書房
青猫書房 展示室

本選びの相談にも乗ってくれる

 友人が2カ月ほど前に出産し、出産祝いに絵本をと考えた筆者。絵本をプレゼントしたい気持ちはあるけれど、果たしてまだ2カ月の赤ちゃんに絵本を読んで分かるのか? という疑問も浮かびます……。

青猫書房

 こんなときは岩瀬さんに相談です。

 「昔は、2〜3歳になってから読み聞かせをする親御さんが多かったのですが、今のお母さんたちはすぐに育休から復帰するので、子どもといる時間が限られています。そのため、0歳児のうちから読み聞かせをする方も増えているんですよ。先日も0歳児を連れたお母さんがお店にみえましたが、お母さんが読み聞かせをしてあげると、声と絵に反応してじっと聞き入っていました。絵本も、抽象的な図形が描かれているだけで大人が読むとよく分からないけど、赤ちゃんが見ると喜ぶという作品が増えていますね。また、赤ちゃん用の絵本は、危なくないよう角が丸くなっていたり、赤ちゃんがしゃぶってもへたらないような丈夫で安全な紙が使われています」(岩瀬さん)

青猫書房 角が丸くて丈夫な赤ちゃん用の絵本
青猫書房 イクメンブームのせいか、お父さんをテーマにした絵本も増えているそう
青猫書房 育児に悩んだお母さんがほっとするような、お母さん向けの絵本をプレゼント用に買って行く方も多いのだとか

 岩瀬さんに赤ちゃんにオススメの絵本を数冊選んでもらい、その中から2冊をプレゼントすることに決めました。

青猫書房 プレゼントに選んだ本

 大人になってから絵本を読む機会はあまりありませんが、たくさんの絵本に囲まれて触れてみると、とても心が洗われました。小さいころに読んだ思い出の絵本に出会うたび、懐かしさもこみあげます。1冊の本に心救われたというエピソードをよく聞きます。絵本にはそんな力が隠されている――「青猫書房」はそう感じられる場所でした。

青猫書房青猫書房
青猫書房
青猫書房 丁寧な作りの飛び出す絵本も
青猫書房 ヒグチユウコさんコーナー
青猫書房

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」