ニュース
» 2016年11月01日 21時00分 公開

手際悪っ! 素人だらけの「イカサマ麻雀選手権」 バレバレのズルを平然と続ける闘牌がシュール

そもそも全自動卓で牌をすり替えることにさほど意味は……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「第1回イカサマ麻雀選手権」と題された麻雀の実況動画が、niconicoで人気を集めています。通常の麻雀の持ち点に、やり遂げたイカサマによる芸術点(実況者が独断で採点)を加えた総合得点で勝者を決める試み。どんな妙技が見られるかと思ったら……全員手際が悪くてバレバレだあ!


ぶっこ抜きぶっこ抜き ゆっくりで見え見えとはいえ、牌のすり替えに成功すると……

芸術点 芸術点が加点されるシステム

 対局は俗に「サンマ」と呼ばれる3人麻雀。参加したR、N、Jの3選手は、いずれもイカサマの素人で、手口はスローで見なくともすぐ分かるレベル。当然、視聴者からはツッコミのコメントが殺到しているのですが、選手たちは互いに指摘することもなく、平然と打ち続けているところがシュールです。


3選手 それぞれが得意技を持つ(得意とは言ってない)

 3選手はそれぞれ得意な(?)イカサマを多用します。まずR選手が使うのは「ぶっこ抜き」。本来はあらかじめ自分の前にある山に好きな牌を積み込んでおき、スキを見て手牌と交換する技です。しかし素人の手際ゆえ、手さばきが遅くて仕掛けが見え見え。そもそも雀卓が全自動なので自由に山を積めず、そこまで有効なイカサマではありません。一応、手牌をランダムに交換できるメリットはありますが……。


ぶっこ抜き失敗
ぶっこ抜き失敗 あまりにも雑すぎて芸術点が引かれることも

 N選手の代表的な手口は「握り込み」と呼ばれる、余分に牌を引いて手牌を多く抱え込む技。通常は全14枚の手牌を1枚ずつ交換し、完成形に近づけるのが麻雀というものですが、手牌が多いと選択肢が増えるため、完成しやすくなります。N選手は比較的手際が良いほうですが、すぐに山の形が不自然になるので、仕掛けが丸分かりです。


2枚ツモ 山に手を伸ばすN選手。普通に1枚引いた場合、山の下段に牌が1枚残るはずですが……

2枚ツモ 2枚同時に引いたので、山の形はそのまま。うまい人はそこからバレないように、3枚同時に引くんですけどね……

 J選手は「河」(ホー。捨て牌の置き場所)を利用した技の使い手。他者の河に欲しい牌があると、こっそり……いや、あからさまに自分の手牌と交換してしまいます。ときには自分の河から牌を持ってくることも。捨て牌をやり直したくなる気持ちは分かりますが……。


河拾い あ、Rの河に欲しい発がある。拾っちゃえ

河拾い 帳尻を合わせようと、代わりの牌を置くJ選手。R選手もツッコめばいいのに

 ほかにも、山の牌を盗み見るなど細かいズルが横行するなか、南1局でN選手のすさまじい手口が炸裂します(Part3の2分40秒ごろ)。J選手の先行リーチに対し、なんと危険牌の五索(ウーソウ)を河の左端に置き、過去に捨てたことにする暴挙。仮に五索が当たりだったとしても、J選手はロンできません。さらに、リーチ後に見逃したことになるので「フリテン」ルールが成立し、その後誰かが五索を捨ててもあがれません。……もっとスマートに仕掛けてくれたならすごかったんですが。


一萬引っ込め 一度は捨てた一萬(イーワン)を引っ込めて……

五索 左端にシレッと危険牌の五索を添える。なお、五索はJ選手の待ち牌ではなく、結局アガリを許したのでまったく無意味な仕掛けだった

 全員がデタラメなイカサマをするせいで点棒の奪い合いになり、意外と点数は均衡。しかし南2局(Part3の6分ごろ)で、目の前に山がなくたいしたイカサマをできなかったJ選手が、普通に四暗刻(スーアンコウ。「役満」と呼ばれる最高の役の1つ)をあがり、大きく抜け出します。もう、イカサマとは無関係に強くない?


四暗刻 暗カンして伏せた牌が本当に全部北なのかは怪しいが、とにかく四暗刻だ

 執筆時点で動画はPart3まで公開されており、残る対局は南3局のみ(サンマなので3局目で終了)。正直なところ勝負の行く末はどうでもいいですが、最後に選手たちがどんな無茶をするかだけは気になるので、早く完結編を!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい