ニュース
» 2016年11月03日 09時00分 公開

削るとお花が咲く鉛筆 日本の伝統的な色と形がはんなり気分にしてくれそう

取っておきたくなっちゃう削りかす。

[k村,ねとらぼ]

 デザイナーとコラボした商品開発を行うTRINUS(トリナス)は、日本を代表する「花のかたち」と「花の色」を持ち、削りかすが花びらになるユニークな「花色鉛筆」の予約販売を11月6日から開始します。

 「花色鉛筆」は、その断面が日本を代表する草花のかたちになっている鉛筆。デザインは桜(さくら)、紅梅(こうばい)、蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)、桔梗(ききょう)の5種類があり、草花の素朴でかわいらしいフォルムと、その形状により持ちやすく滑りにくい機能性を兼ね備えています。


花鉛筆

花鉛筆 全部で5種類

 芯の周りの軸部分には、廃棄古紙を原料にした環境に優しい日本生まれの新素材を活用。デザイン性の高さだけでなく、独特の柔らかい色合いと削りやすさを両立しています。鉛筆の芯には国産の上質な色芯が使用されており、心地よい書き味が楽しめます。


花鉛筆 やさしい桜色

 断面が草花のかたちになっているため、削るとまるで本物の花びらのような削りかすが生まれるのも大きな特徴。押し花のように削りかすを取っておきたくなるかわいらしさです。


花鉛筆 花びらが生まれていくみたい

花鉛筆 捨てる際は、従来どおり可燃ごみでOK

 「花色鉛筆」は、5本1セットで価格は1800円。塗り絵が楽しめるポストカードは5枚入り1セットで800円、メッセージカードは5枚入り1セットで1000円となっています。11月6日より、TRINUS(トリナス)のホームページにて予約販売が開始される予定です。


花鉛筆 写真左がメッセージカード、写真右がポストカード



※価格は全て税別

関連キーワード

日本 | | デザイン | 塗り絵


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン