ニュース
» 2016年11月03日 09時00分 公開

削るとお花が咲く鉛筆 日本の伝統的な色と形がはんなり気分にしてくれそう

取っておきたくなっちゃう削りかす。

[k村,ねとらぼ]

 デザイナーとコラボした商品開発を行うTRINUS(トリナス)は、日本を代表する「花のかたち」と「花の色」を持ち、削りかすが花びらになるユニークな「花色鉛筆」の予約販売を11月6日から開始します。

 「花色鉛筆」は、その断面が日本を代表する草花のかたちになっている鉛筆。デザインは桜(さくら)、紅梅(こうばい)、蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)、桔梗(ききょう)の5種類があり、草花の素朴でかわいらしいフォルムと、その形状により持ちやすく滑りにくい機能性を兼ね備えています。


花鉛筆

花鉛筆 全部で5種類

 芯の周りの軸部分には、廃棄古紙を原料にした環境に優しい日本生まれの新素材を活用。デザイン性の高さだけでなく、独特の柔らかい色合いと削りやすさを両立しています。鉛筆の芯には国産の上質な色芯が使用されており、心地よい書き味が楽しめます。


花鉛筆 やさしい桜色

 断面が草花のかたちになっているため、削るとまるで本物の花びらのような削りかすが生まれるのも大きな特徴。押し花のように削りかすを取っておきたくなるかわいらしさです。


花鉛筆 花びらが生まれていくみたい

花鉛筆 捨てる際は、従来どおり可燃ごみでOK

 「花色鉛筆」は、5本1セットで価格は1800円。塗り絵が楽しめるポストカードは5枚入り1セットで800円、メッセージカードは5枚入り1セットで1000円となっています。11月6日より、TRINUS(トリナス)のホームページにて予約販売が開始される予定です。


花鉛筆 写真左がメッセージカード、写真右がポストカード



※価格は全て税別

関連キーワード

日本 | | デザイン | 塗り絵


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10