ニュース
» 2016年11月10日 23時28分 公開

「ザ・シンプソンズ」は2000年にトランプ大統領を予言!?

ただし「投票結果までは予知していた」というツイートはデマです。

[ねとらぼ]

 「ザ・シンプソンズ」が2000年にドナルド・トランプ大統領の誕生を予言していたと海外で話題になっています。

 注目されているのは2000年に放送された「ザ・シンプソンズ」の「Bart to the Future」というエピソード。バートが占い師に自分の未来を見せてもらうというストーリーで、バートの妹リサが大統領に就任し、その前任がトランプ大統領と語られています。ちなみに同年、トランプ氏は第3政党「改革党」の候補として大統領選に出馬しようとしました。

 作中、リサは前大統領が残した難問に直面することに。同エピソードの脚本家は、Hollywood Reporterに対し、「アメリカへの警告だった」「最悪の事態になる前の最後の一歩として(トランプ大統領は)ふさわしく思えた」と語っています。

 なおこの件に関連して、「ザ・シンプソンズ」が2016年の選挙の投票結果まで的中させていたとするツイートが出回っていますが、こちらは間違い。

 出回っているツイートは、ドナルド・トランプ氏が大統領になっている姿を2000年の放送回として紹介し、またミスター・バーンズが赤と青に塗り分けられたアメリカの地図の前に立っている画像を、今回の投票結果と同じとしています。

 しかし、2000年の放送回の画像とされているのは、実際には2015年7月のエピソードから切り出したもの。トランプ氏が立候補を表明した後の回になります。またミスター・バーンズの画像は2012年放送回のもので、同年の選挙に関連したエピソードです。

2015年のエピソードに登場するトランプ大統領

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐