ニュース
» 2016年11月11日 14時28分 公開

わらび餅にいちご味とミルクティー味だと……!? ラムネ味に続く“変わり種”、東日本でも12月から発売

11月から西日本限定で販売されていた製品ですが、東にも来ま〜す!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 6月から夏にかけて、斬新さが話題を呼んだ「ラムネわらび餅」(関連記事)。製造・販売元の明日香食品が、新製品「いちごわらび餅」と「ミルクティーわらび餅」を11月から西日本限定で発売し、再びTwitterなどで注目を集めています。どちらも味の想像がしづらいけれど、期待感あふれる響き!


いちご味 「いちごわらび餅」には、いちごミルク風味のパウダーが付属(画像提供:明日香食品)

ミルクティー味 「ミルクティーわらび餅」にも、風味を増すパウダーが付属(画像提供:明日香食品)

 甘酸っぱい「いちごわらび餅」にはいちごミルク風味、「ミルクティーわらび餅」にはミルクティー風味のパウダーが付属します。わらび餅としては変わり種なこのフレーバーをなぜ選んだのか、同社に聞いてみました。


公式 明日香食品公式サイト

 担当者によると、「今年発売したラムネ味のように、わらび餅にはいろいろな楽しみ方があることをお客様にお伝えしたいと思い、できるだけ幅広い世代のかたに食べていただけるよう、いちごとミルクティーを選んだ」とのこと。同社の開発者はラムネ味に関する公式インタビュー記事で、「和菓子になじみが薄い若いかたたちにも食べてもらえるものを」と語っており、「わらび餅といえば黒蜜ときな粉」という既成概念にはとらわれていないようです。

 なぜ西日本限定での販売になったのかを聞くと、「ラムネ味が東日本先行販売だったので、今回は西日本で」との回答。単純に順番の問題だったようです。ちなみに同社は大阪府と千葉県に自社工場を所有しており、大阪から供給できるエリアを西日本(九州・沖縄を除く静岡以西)、千葉から供給できるエリアを東日本(北海道・東北を除く神奈川以東)と区分しています。

 最後に、東日本でも買えるようにならないか、おそるおそる聞いてみると、「12月1日から東日本エリアでも発売予定」とまさかの発表。ユニークなわらび餅がより広まるまで、もう少しですよ!


2種類 楽しみっ!


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する