ニュース
» 2016年11月12日 10時30分 公開

乗用車に変形する人型ロボット、本格的な事業化へ発進 顔が「勇者」風だと思ったら大河原邦男本人が協力

2017年中の完成と、テーマパークやプロモーションへの活用など事業化を目指す。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 乗用車に変形する人型ロボット「J-deite RIDE」(関連記事)について、事業化や量産化などの計画が発表された。メカデザイン協力として「ガンダム」や「勇者」シリーズで知られる大河原邦男氏が招かれており、「勇者ロボ」感あふれるアイデアスケッチも公開されている。


アイデアスケッチ 大河原氏によるアイデアスケッチ。口をキリッと結んだ人間らしいデザイン

 2015年よりBRAVE ROBOTICSとアスラテックが開発してきた、全長約4メートルのロボット。人型のロボットモードと乗用車型のビークルモードに完全変形する。ロボットモードでは二足歩行し、ビークルモードでは人が乗って運転できる、まさにロボットアニメのような仕様だ。


完成イメージ図 完成イメージ図。無線・有線による無人遠隔操縦が可能。ビークルモード時のみ、人が搭乗して運転できる

スペック 想定されているスペック。2015年の発表時よりも若干大型化している

 今回の発表では、遊戯機械や舞台機構および昇降機などの設計・製造を手掛ける三精テクノロジーズが参画することが分かった。共同で有限責任事業組合を設立し、開発を加速。2017年中の完成を目指し、テーマパークや各種イベントへの参加、一般企業でのプロモーション活用などによる事業化を図るという。

 三精テクノロジーズを中心とした量産化計画も明かされた。J-deite RIDEをベースに、アミューズメントパーク向けの乗用人型変形ロボットを開発するという。関連して、11月14日よりアメリカのオーランドで開催されるアトラクション関連の展示会「IAAPA Attractions Expo 2016」に、全長約1.5メートルのプロトタイプを出展する。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」