ニュース
» 2016年11月16日 23時00分 公開

「ミュシャ展」2017年3月に開催 スラヴ叙事詩全20点の一挙公開はチェコ国外で世界初

2017年は日本とチェコの国交回復60周年。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 チェコの芸術家「ミュシャ」の作品を集めた「ミュシャ展」が、2017年3月8日から6月5日まで国立新美術館(東京都港区)で開催されます。

ミュシャ展 「ミュシャ展」 スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」

 アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音:ムハ、1860-1939)はアール・ヌーヴォーを代表する芸術家の1人。美しい女性像や流麗な植物文様など、優美で装飾的な作風が多くの人を魅了してきました。


ミュシャ展 四つの花「カーネーション」
ミュシャ展 四つの花「ユリ」
ミュシャ展 四つの花「バラ」
ミュシャ展 四つの花「アイリス」

 一方で、自身のルーツである“スラヴ民族”のアイデンティティーをテーマにした作品も数多く描きました。晩年の17年間をかけた集大成の作品「スラヴ叙事詩」は、最大で縦約6メートル、横約8メートルの巨大な油彩画。同展ではこの「スラヴ叙事詩」全20点をチェコ国外で初めてまとめて公開します。

ミュシャ展 スラヴ叙事詩「スラヴ式典礼の導入」
ミュシャ展 スラヴ叙事詩「東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン」
ミュシャ展 スラヴ叙事詩「スラヴ民族の神格化」

 さらに、ミュシャが世間に認められるきっかけとなった女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターや、彼女のためにデザインした「蛇のブレスレットと指輪」、パリで活躍したミュシャが「スラヴ叙事詩」に至るまでの作品、約100点も公開します。観覧料は当日一般1600円(税込)、前売券・セット券・各種割引が用意されています


ミュシャ展 ジスモンダ
ミュシャ展 蛇のブレスレットと指輪


ミュシャ展 《スラヴの連帯》プラハ市庁舎天井画(下絵)
ミュシャ展 《自力II 犠牲と勇気》プラハ市庁舎壁画(下絵)


ミュシャ展 ヒヤシンス姫
ミュシャ展 「第6回ソコル祭」ポスター


ミュシャ展 アルフォンス・ミュシャ
ミュシャ展 《スラヴ叙事詩》を制作するアルフォンス・ミュシャ、ズビロフ城アトリエにて

ミュシャ展

【会期】2017年3月8日〜6月5日 毎週火曜日休館(5月2日は開館)

【開催時間】10時〜18時 金曜日は20時まで 入場は閉館の30分前まで

【会場】国立新美術館 企画展示室2E

【観覧料】当日券(一般)1600円、(大学生)1200円、(高校生)800円

【主催】国立新美術館、プラハ市、プラハ市立美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」