ニュース
» 2016年11月16日 07時00分 公開

マーメイドやワニになれちゃう! 足先を包み込むあったかキュートなブランケット フェリシモから登場!

大人も使えるサイズです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 通販サイト・フェリシモのこども服ブランド「フェリシモキッズ」から、マーメイドやワニをモチーフにしたブランケットと、親子で着られる恐竜デザインのルームウェアが登場しました。

フェリシモキッズブランケット ゆるかわニットのはくブランケット マーメイド&ワニ

 「ゆるかわニットのはくブランケット」はマーメイドとワニの2種類のラインアップ。袋状になっていて足元まで暖かいのが魅力です。

 マーメイドタイプは赤紫にグレーや黒が混ざった毛糸を使っており、うろこのような編み柄やしっぽの造形がリアルです。幅は約57.5センチ、長さは約118センチです。

フェリシモキッズブランケット ゆるかわニットのはくブランケット マーメイド
フェリシモキッズブランケット 大人も使えます

 ワニタイプは、明るめのモスグリーンの毛糸を使用。ワニ肌をイメージした模様と大きなお口が再現されています。幅は約56センチ、長さは約133センチです。

 ブランケットの価格はそれぞれ4800円。素材はアクリル100%なので手洗いが可能です。編み地の特性上、仕上がりサイズが多少異なります。

フェリシモキッズブランケット ゆるかわニットのはくブランケット ワニ
フェリシモキッズブランケット すっぽり入りたくなる!

 「寝室がダイナソーワールドに!  恐竜になれるルームウェア」は、ウロコをイメージしたプリントに背びれやしっぽがついたデザインの部屋着兼パジャマ。手元と足元のツメが恐竜っぽさを増しています。しっぽは取り外し可能なので遊ぶときには付けて、寝る時には外すことができます。

フェリシモキッズブランケットフェリシモキッズブランケット 寝室がダイナソーワールドに!  恐竜になれるルームウェア
フェリシモキッズブランケットフェリシモキッズブランケット キッズサイズ
フェリシモキッズブランケットフェリシモキッズブランケット メンズサイズ

 キッズタイプは100・110・120の3サイズ展開で5900円。メンズタイプはMとLの2サイズで8500円。初回お試し価格として2017年2月28日までの申し込みでキッズタイプが5300円、メンズタイプが7900円になります。

 さらに、恐竜のルームウェアと合わせて使いたい恐竜模様のマットレス「寝るときマットレス、起きたらテント、恐竜テントレス(価格1万300円/初回お試し価格9800円)」も用意されています。

フェリシモキッズブランケット 寝るときマットレス、起きたらテント、恐竜テントレス
フェリシモキッズブランケットフェリシモキッズブランケット 平らにすればマットレス、三角にしたらテントのようになります
フェリシモキッズブランケット 恐竜の夢を見られるかも

※価格は全て税別



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する