ニュース
» 2016年11月16日 12時59分 公開

ジミー・ペイジ演奏せず……イベント公式サイトは「演奏の予定は最初から無い」、KLab側と見解食い違い

イベント公式サイト・KLab Entertainment共に発表を削除しています。

[イッコウ,ねとらぼ]

 ロックイベント「CLASSIC ROCK AWARDS 2016 2016」で、世界的ギタリストであるジミー・ペイジさんが演奏を行わなかった問題で、CLASSIC ROCK AWARDS 2016の公式ページに「ジミー・ペイジさんが演奏する予定は最初からなかった」とする文言が一時掲載されました(現在は削除されています)。この件を巡っては、14日に主催のKLab Entertainment(以下、KLab)が「演奏する予定だったが本人の意思で中止になった」とする発表を行っており、両者の見解が食い違う形となっています。


クラシック・ロック ジミー・ペイジ サイト上に公開された公式声明(CLASSIC ROCK AWARDS 2016より、現在は削除済み)

 CLASSIC ROCK AWARDS 2016では、チラシにジミー・ペイジさんの名前を大きく配置するなど、事前にジミー・ペイジさんが演奏を行うかのような告知を幾度も続けていました。しかし、当日は数分間の登壇のみで演奏は行わなかったためファンの間で返金を求める声が上がるなどトラブルに発展。イベントの告知を巡っては、KLabの社長である真田哲弥さんも、自身のFacebookに「大御所ジミー・ペイジとジェフ・ベックのセッションは多分これが見納め」と投稿していました。

 主催していたKLabは14日、このトラブルを受けサイト上に謝罪文を掲載。「ギターとアンプの用意をしていた」「フェス形式のため演奏内容の変更を完全に防ぐのは難しかった」と当時の状況を説明し、演奏が行われなかった理由については「本番直前にジミー・ペイジ氏の意向によって演奏が中止となった」と説明。クラシック・ロック側の見解とは食い違う形でしたが、この謝罪文は15日に突如サイトから削除されています。


クラシック・ロック ジミー・ペイジ 14日に発表された謝罪文(クラシックロックアワード2016より、現在は削除済み)

 見解が食い違う両者ですが、演奏しないことが事前に決まっていたとするクラシック・ロック側と、本番直前に突如中止が決まったとするKLab側が共に発表を削除する異例の事態となっており、ファンからは困惑の声も。KLab側の謝罪対応を巡っては、弁護士の奥山倫行さんが公開質問状をネット上に公開する(関連記事)など、騒動の収束はまだ先となる見通しです。

 なお、KLab Entertainmentにクラシック・ロック側との認識の食い違いについてや、謝罪文を削除した理由などについて問い合わせましたが、「情報収集中のため現在は答えられない」と回答しています。

関連キーワード

KLab | ラボ | アワード | 謝罪 | イベント | トラブル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」