ニュース
» 2016年11月17日 23時38分 公開

おっぱいの大きさを変えられるARアプリがクラウドファンディング中 もともとは豊胸手術のプレビュー用に開発

自分の理想のおっぱいを確認できます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイトKickstarterにて、おっぱいの大きさを変えられるAR(拡張現実)アプリ「ILLUSIO」が登場しています。なにこれすごい。



 デバイス上で女性の上半身を映すと、胸の部分が3D画像と合わさった表示になり、画面上のシークバーで自由におっぱいの大きさを変えられるようになります。専用のゴムバンドとトラッキングマーカーを胸周囲に付ける必要がありますが、近づいたり左右にカメラを移動させても違和感なくその“仮想おっぱい”が表示されます。


ILLUSIO おっぱい 大きさ AR アプリ Kickstarter 右側のシークバーで自由におっぱいを調整(Kickstarterより)

ILLUSIO おっぱい 大きさ AR アプリ Kickstarter 小さくもできます(Kickstarterより)

 同アプリは、米カリフォルニア州サンクレメンテにて制作された美容整形用のもの。豊胸手術の際に女性に術後のイメージを見せるためとしてすでにテスト利用されていて、今回の資金調達は改良を目標に置いたプロジェクトになります。

 目標は5万ドル(約545万円)で、残り27日の11月17日現在、2491ドルを集めています。支援は10ドルから可能で、20ドル(約2200円)からアプリが利用でき、50ドル(約5400円)以上で機能のロック解除、さらに99ドル(約1万円)以上だと“仮想おっぱい”のビキニがなくなる「外科医バージョン」が利用できるようになります。


ILLUSIO おっぱい 大きさ AR アプリ Kickstarter あくまでも「美容整形のため」のアプリ(Kickstarterより)

(宮原れい)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた