ニュース
» 2016年11月19日 10時00分 公開

ドラムスティックに装着するだけ! どこでもドラムが叩けるセンサー「Freedrum」が資金調達中

本物のドラムを叩いているみたい。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 ドラムスティックとスマートフォンがあればドラムが叩けるセンサー「Freedrum」がKickstarterで資金調達中です。


ドラムが叩けるセンサー「Freedrum」 自分のドラムスティックに巻くだけ

 Freedrum本体は動きを感知するセンサーになっていて、同梱されているストラップで手持ちのドラムスティックと足に付けて使用します。iPhoneやiPadにbluetooth接続し、Garagebandなどのアプリを立ち上げてドラムを叩く動きをすれば、本当にドラムを叩いているかのような音がiOSデバイス上で再生される、という仕組みになっています。叩く位置によってスネアやハイハットなどの音がなるので、本物と変わらない演奏ができます。ドラムの練習にもってこいですね。


どこでもドラムが叩ける どこでもドラムが叩ける

 インターネット接続は不要で、バッテリーは通常の使用で1週間もつようです。ソファの上や旅行中など、いつでもどこでもドラムが叩けます。macOSとWindows 10のBluetooth MIDIにも対応しています。


足にも付けてキックペダルも 足にも付けてキックペダルも

 FreedrumスタンダードパッケージにはFreedrumユニット2つに、micro USB充電器、ドラムスティック用ストラップ2つと足用ストラップ2つが同梱されています。スタンダードパッケージは89ドル(およそ9800円)で購入可能です。Vic Firthのドラムスティックが付いたKickstarter支援者向け特別パッケージも175ドル(およそ1万9000円)で用意されています。


Kickstarterのプロジェクト 32万ドル以上が集まる

 プロジェクトには目標金額15万ドルを大きく上回る32万ドル以上が集まっており、残り期間は18日です(記事執筆時点)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」