ニュース
» 2016年11月22日 18時37分 公開

半裸の実写ブリーフ男たちがあいまみえる格闘ゲーム『ブリーフカラテ』がSteamで配信開始、価格は無料

4ボタン式でコンボ要素が強くない王道的な格闘ゲーム。

[Shuji Ishimoto,AUTOMATON]
AUTOMATON


ブリーフカラテ

 日本の同人ゲームクリエイターグループ「Henteko Dojin」は、格闘ゲーム『ブリーフカラテ(Brief Karate Foolish)』の配信をSteamにて開始した。価格は無料。本作は2003年ごろから発売されていた同人サークル「D.C.S.」による作品で、ブリーフを着た男たちが半裸で戦うケレン味たっぷりの内容となっている。

 登場キャラクターは全9人。NEOGEOの帽子を被った小太りの「S.玉出(スーパーたまで)」や、ネコミミとカチューシャを装着した「ボンソワール・にゃ・ネコミミ」など、奇人変人が並ぶ。ただし内容自体は4ボタン式でコンボ要素が強くない王道的な格闘ゲーム。無駄にアニメーションが凝っており、さらに60fpsで動作するため、ビジュアルは脳裏に焼き付いて忘れられないほど滑らかだ。キーバインドには対応していないためプレイするにはコントローラーが必須だが、普段格闘ゲームをプレイしている人ならばすぐに手になじむ操作性だろう。

 公式サイトにて開発陣は、ゲームのコンセプトについて「最近の対戦格闘ゲームに登場するキャラクターのコスチュームはだんだんと露出度が高くなっていっています。それならいっその事、ブリーフをコスチュームにしてしまえば良いと考え、このゲームを開発いたしました」と語っている。なぜかビキニ姿の美女たちが戦う2002年発売の実写格闘ゲーム『ビキニカラテ』の影響を受けたことはまず間違いないと思われる。

 なお今回『ブリーフカラテ』を配信した「Henteko Dojin」は、日本の同人ゲームクリエイターたちによるグループ。代表の「ぱぃろ」氏がSteamで同人ゲームが受け入れられるかどうかを確かめるため設立されたもので、過去には『へべれけ! 〜すすめ 赤軍少女旅団!〜』と『桜の樹の下には』が配信されてきた。「ぱぃろ」氏が公開している「Steamで同人ゲームをリリースする 〜パブリッシャーになって検証してみた〜」では、Valveと接点が無い状態でどのように同人ゲームをSteamで配信したのか、また配信までどのような修正をゲームに加えたのかなど、興味深い知見が公開されている。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  7. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  8. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  9. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10